東京広告協会は、「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2012」で首都圏の大学生800名を対象に「友人関係に関する意識調査」を実施した。その結果、授業の時だけ一緒にいる「授業友達」や、テストの時だけ連絡を取る「テスト友達」など、自分にとって都合のよい「メリット友達(メリ友)」を確保していることがわかった。

大学生の友達新基準は「メリ友」、SNS が「ひとり○○」を加速
大学生の友達新基準は「メリット友達(メリ友)」

親友と呼べる友達がいるかの質問には、大学生の89.9%が「いる」と回答し、親友の平均人数は約5人となった。さらに、最近1年間で友達とケンカ(口論を含む)をしたことがあるかの質問には、72.5%が「全くない」または「あまりない」と回答している。この結果から、親友はいるものの、なるべく揉めごとは避け、ある一定の距離感を保って友人関係を構築していることが伺える。

今話題の「おひとりさま」行動をやったことがあるかの質問で、「ひとり○○」に対する経験は、以下の表のような結果となった。

ドライで自分本位な友人関係を構築する中、自分本位で発想で行動する傾向も
ドライで自分本位な友人関係を構築する中、自分本位で発想で行動する傾向も

大学生は自ら進んで「おひとりさま」行動を実践
大学生は自ら進んで「おひとりさま」行動を実践

「おひとりさま」行動しているときに、さびしい気分になるかの質問では、大学生の67.3%が「寂しい気持ちにならないことが多い」と回答している。その理由を聞いてみると、「携帯電話、スマホ等がそばにあるから」が61.5%、「自分と同じようなおひとりさまをみかけるから」が55.1%、「SNS を通じて友人の状況等を把握できるから」が40.5%という結果にになっている。この結果から、スマートフォンで SNS を開くことで、友人と常につながっている感覚をバーチャルに得ていることが、「おひとりさま」行動を加速させていることと考えられる。

友達とつながっている感覚をバーチャルに感じる大学生
友達とつながっている感覚をバーチャルに感じる大学生