ガイアックスは、ネオマーケティングと共同で「日本人 Facebook ユーザーの検索動向」調査を実施し、その結果を発表した。それによると、女性の6人に1人が Facebook で“元カレ”を検索したことがあるとしている。これに対し、男性 Facebook ユーザーの“元カノ”検索経験者は、15人中1人にとどまった。

女性の6人に1人が Facebook で“元カレ”を検索、男性は15人に1人だけ
女性の6人に1人が Facebook で“元カレ”を検索、男性は15人に1人にとどまる

また、そのほかの検索経験については、「友達」を検索したことがある人が最も多く、70.3%の回答が集まっている。なかでも、「学生時代の同級生」が26.5%、「学生時代の知人」が18.0%など、旧知との交流に利用する人が多いことがわかった。それ以外にも、「同僚」を検索したことがある人が20.0%、「取引先の関係者」を検索したことがある人が4.8%、「恋のライバル」を検索したことがある人が1.0%などの結果が得られている。

「友達」を検索したことがある人は70.3%と最も多い
「友達」を検索したことがある人は70.3%と最も多い

同調査は、Facebook に登録している20歳から59歳の男女400人を対象に行った。