メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセンは、「ソーシャルメディアに関する ニールセン グローバルオンライン調査」の結果を発表した。今回、調査実施国56か国から中国、インド、英国、米国の4か国を選び、比較した。

ソーシャルメディアでの活動内容と使用頻度に関しては、どの国も共通して、友人やビジネス関係者との交流などに一番時間を割いている。4か国で比べると、中国は最もソーシャルメディアの利用頻度が高く、また、活動も多岐にわたることが分かった。インドは中国に続く高い頻度だが、「異性との交流」については、「使用しない」と答えた人が44%に達した。英国、米国は中国、インドに比べていずれの活動頻度も低めになっている。

ソーシャルメディアへのアクセス手段では、PC が4か国ともに多い。しかし、PC だけではなく、携帯電話からのアクセスも無視できない割合となっている。中国では、タブレットからのアクセスも40%と、高い数値を示してた。

ソーシャルメディアで共有するものについては、各国でばらつきがあった。中国では「電子製品(テレビ、AV 機器、電話など)」や「電化製品(冷蔵庫、電子レンジなど)」など、モノについて語っている傾向が高いが、英国、米国はいずれも「レストラン」「エンターテインメント」など、コトについて語ることのほうが多いようだ。インドはモノ、コト共に比較的バランスよく共有されていた。

今後1年でソーシャルメディアの口コミを参考に製品/サービスを購入する可能性について聞いたところ、どの国でも、自分たちが頻繁に話題にしている内容については、購入に影響を受ける割合が高くなっている。

テレビを見ながらソーシャルメディアを利用するかという質問には、インド、米国では半数以上(インド58%、アメリカ52%)の人が「テレビを見ながら利用する」と答えた。英国は少し低め(38%)だが、それでも3人に1人以上はソーシャルメディアとテレビ視聴を同時にしていた。

ソーシャルメディアをよく使うのは中国人―ニールセン、米英中印利用方法を比較調査
中国 次の活動においてどのくらいの頻度でソーシャルメディアを利用しているか
 

インド 次の活動においてどのくらいの頻度でソーシャルメディアを利用しているか
インド 次の活動においてどのくらいの頻度でソーシャルメディアを利用しているか