頓智ドットは、Web 上や街中で気になった店舗やスポットを投稿/共有できるオンライン サービス「tab」で、横浜エリアを公式オープンした。これに伴い同社は、NPO 法人横浜コミュニティデザイン・ラボや東京都市大学のメディア情報学部社会メディア学科上野研究室などと協力し、産学民連携で横浜エリアの地域活性に取り組む。

位置情報と連携する次世代メディア「Tab」、横浜エリアを公式オープン
気になった店舗やスポットを投稿/共有できるメディアサービス「tab」
(出典:
 頓智ドット)

tab は、Web 上や街中で気になった場所やものを記憶させておくと、近くに来たときに iPhone/iPad に通知できるメディアサービス。ユーザーが投稿した情報をエリア別などで閲覧できる。iOS 向けアプリケーション「Tab」を無料で提供している(関連記事1関連記事2)。

これまでは、渋谷/銀座/丸の内/六本木/新宿/池袋を、公式エリアとしてオープンしていた(関連記事)。今回公式オープンした横浜エリアでは、ユーザーからの情報がすでに4000件を超えている。

今後、横浜エリアでは、投稿受け付けに加えて、横浜大さん橋/神奈川芸術劇場/横浜マリンタワー/QUEEN’S EAST などのコンテンツ提供パートナーと情報提供を開始する。

登録した場所の近くに行くと iPhone/iPad 通知できる
登録した場所の近くに行くと iPhone/iPad 通知できる
(出典: 頓智ドット)