IT 専門調査会社 IDC Japan は、国内通信事業者によるセキュリティサービス市場の市場規模について、2012年の見込みと2016年までの予測を発表した。これによると、国内通信事業者が提供するセキュリティサービス市場規模は、2012年において前年比7.3%増の3,270億円となる見込みで、さらに2013年には同比6.6%増の3,486億円になる、と予測している。

2011年から2016年の市場規模推移を分析すると、この期間の年間平均成長率(CAGR)は6.3%であり、2016年の市場規模は4,132億円に達すると見込まれる。内訳は、セキュリティコンサルティングサービスが511億円(2011年から2016年の CAGR 5.4%)、セキュリティシステム構築サービスが1,020億円(同5.1%)、セキュリティシステム運用管理サービスが2,593億円(同6.9%)、セキュリティ教育/トレーニングサービスが8億円(同11.0%)に達する、と IDC Japan は予測している。

国内通信事業者によるセキュリティサービス市場は、高まるセキュリティ需要を背景に、市場全体として堅調に成長してきた。しかし、セキュリティシステム構築サービスセグメントでは、2009年から2011年の3年間、リーマンショックによる景気低迷や東日本大震災の影響で、多くのユーザー企業が新規システム投資などを抑制、あるいは先送りしたため、市場の停滞が見られた。

2012年については、ユーザー企業がこれまで抑制してきた分の IT 投資を行っていることから、セキュリティシステム構築サービスの需要も回復し、セキュリティサービス市場全体で2011年を上回る成長率になる、と見込まれる。

今後、標的型攻撃などに対応するために、大企業や官公庁を中心に、高度なセキュリティ技術を持つ企業へのアウトソーシング意向が高まることを予測している。これに伴い、システム運用管理サービスを中心に、通信事業者のセキュリティサービスの売上げも増加すると IDC ではみている。さらに、クラウドサービスやスマートデバイスの利用拡大に伴って、関連するセキュリティサービスの売上拡大も見込まれる。

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は次のように述べている。

「国内通信事業者によるセキュリティサービス市場は、標的型攻撃への対応、クラウドやスマートデバイスの利用拡大に伴い、堅調に拡大するであろう。通信事業者は、クラウド型の認証連携(フェデレーション)基盤など、成長分野におけるサービス提供に積極的に取り組むべきである」

国内通信事業者によるセキュリティサービス市場、標的型攻撃で専門会社へのアウトソーシングが高まるか?
国内通信事業者のセキュリティサービス市場 売上額予測: 2010年〜2016年
出典:IDC Japan