大日本印刷(DNP)とジェーシービー(JCB)は共同で、DNP の「モバイル Wallet」のクラウド型プラットフォームサービスを活用した JCB の「モバイルウォレット」型サービスの機能を検証する実証実験を、2013年1月より開始する。

「モバイル Wallet」は、スマートフォンでの決済やクーポン/ポイントサービスなどに対応した多様なアプリを一元管理し、これらに関わる業務を総合的に支援するサービス。ユーザーは、決済とクーポンの同時処理をはじめ、バンキング、ポイント、ヘルスケアなどの複数のサービスを利用できる。事業者は、ポイントサービスの活用や、利用者の購買履歴に基づくクーポン情報配信などによって、売上拡大を図れる。

DNP は、これら「モバイル Wallet」をクラウド型で提供するプラットフォームサービスの開発を進めてきた。今回、「モバイル Wallet」の実用化に向けて、JCB が検討するウォレットサービスの開発を受託し、クラウド型のプラットフォームサービスとして「モバイル Wallet」を JCB に提供し、その機能を検証するのが今回の実証実験。

実証実験では、Wallet アプリ機能の検証、DNP サーバーから外部サーバーとの接続機能の検証、クラウドサービスに関する機能検証を行うという。また、これらの検証結果をもとに DNP は「モバイル Wallet」サービスを本格的にサービス事業者に向けて展開する予定だ。

JCB、スマホのアプリを一元管理する「モバイル Wallet」の実証実験を開始
大日本印刷