マイクロソフト アドバタイジングは、販売が開始された「Windows 8」向け広告商品「 Windows 8 アプリ内広告(仮称)」の、日本での実施、販売を決定した。また、「Windows 8/IE 10」用 MSN ページに表示される「MSN for Windows 8 広告(仮称)」も、日本での販売を予定している。

MSN for Windows 8 は、Windows 8 の発売とともに開始された Windows 8/IE 10 ユーザー向けのデフォルトページ。直観的でユーザー主導のタッチエクスペリエンスを提供する。マイクロソフト アドバタイジングは、このページに広告枠を設置し、広告主に販売する。

MSN for Windows 8 に広告枠を設けることで、より高い広告効果が期待できる、と同社は考えている。

また、Windows 8 アプリ内広告は、Windows 8 のスムーズでユニークなユーザーインターフェイスとシームレスな設計で、ユーザーがより自然に広告にアクセスし、それを楽しむことができる、革新的な広告商品だそうだ。広告主のブランドとユーザーを結びつける効果を期待している。

マイクロソフト、Windows 8 向け広告商品を日本でも展開
MSN for Windows 8