SAP ジャパンは、小売業界などを対象にした、リアルタイム ワントゥワン マーケティング ソリューション「SAP Precision Retailing」の販売を、10月23日に開始した。

SAP Precision Retailing は、インメモリデータベース「SAP HANA」を基盤に、スマホアプリ、BI、リアルタイムオファー管理などの技術を組み合わせ、クラウドサービスとして販売するもの。大量データを瞬時に処理する SAP HANA を採用し、数百万人の買物客に対して、数千のオファーから最適なものをリアルタイムに選べるようにした。

SAP Precision Retailing を利用する際、小売業はまず買物客にスマートフォンアプリケーション「お買い物リスト」を配布しておく。買物客は今日買う品目を「お買い物リスト」に入力しておく。消費者が来店すると、SAP Precision Retailing はリストにある品目に対し、その買物客の購買履歴に基づく傾向や嗜好と、品目ごとの売れ行きの動向、併売実績、在庫状況、時刻などの情報を瞬時に照らし合わせ、最も有効と思われるオファー(レコメンド)を十数個提示する。

たとえば、毎週買うヨーグルトがリストから漏れていればリマインド(購買履歴)したり、魚をよく買う人に新鮮なサンマを(傾向分析)、カレールーを買った人には福神漬けを10ポイント付きで(併売)、先週あるフランスワインを買った人には、翌週はこのチリワインを(類似商品)提示する。

SAP Precision Retailing は、SAPと、1万1,000店舗、売上約3兆円の大手小売業、世界的な化粧品会社の3社が共同開発したもの。すでに実店舗でパイロットを実施しており、例えば、クーポン利用率が従来比8倍、客単価16%増など、確実な成果が出つつあるそうだ。

SAP ジャパン、HANA を基盤にした小売業向けクラウドレコメンドサービスを開始
SAP ジャパントップページ