IT 専門調査会社 IDC Japan は、国内データセンター向けネットワーク機器市場動向を10月18日に発表した。

これによると、サービス提供事業者の積極的な設備拡張投資や、企業のサーバー仮想化の実践などを背景として、企業および事業者のデータセンターインフラ需要は拡大傾向にある。

イーサネットスイッチ、レイヤー4-7スイッチ、WAN アプリケーション配信、DCB(Data Center Bridging)/FCoE スイッチからなるデータセンター向けネットワーク機器市場は、2011年には前年比成長率10.4%と大きく市場は拡大し、市場規模は560億800万円となった。

ベンダー別の動向では、2011年もシスコシステムズが国内データセンター向けネットワーク機器市場をリードし、約40%のシェアを獲得した。さらに、同社は、データセンター向けイーサネットスイッチ市場では、約75%のシェアを獲得し、高い存在感を示している。2011年のデータセンター向けイーサネットスイッチ市場では、シスコシステムズに続くブロケード、ジュニパーネットワークス、HP、日立電線も売上を伸ばしている。

データセンター向けネットワーク機器市場は今後も、モバイルインターネットサービスやクラウドサービスの拡大や、サーバー仮想化の進展を背景として拡大を続ける見通し。2012年は、2011年の成長要因が持続し、前年比成長率で12.5%と高成長を維持すると予測している。また、中長期的にも成長は続くとみており、2011年から2016年の年間平均成長率は、6.8%と予測する。

データセンター向けネットワーク機器市場は、成長市場としての期待だけでなく、新たな技術的展開が起こっている分野として、ベンダーなどのサプライサイドだけでなく、企業や事業者のデマンドサイドの注目も集めている。特に、ネットワーク仮想化とそれを実現する SDN(Software Defined Network)や OpenFlow への関心が高まい。

IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの草野賢一氏は次のように述べている。

「SDN や OpenFlow は、将来的にネットワークアーキテクチャや市場構造を大きく変化させる可能性を持っている。その一方で、市場への浸透には時間を要する。SDN や OpenFlow への対応を進めながらも、既存技術の応用や自社独自技術のデータセンター向け製品/技術開発を減速させてはならない」

国内データセンター向けネットワーク機器市場、SDN や OpenFlow の浸透は時間がかかる――IDC Japan
国内データセンター向けネットワーク機器市場 製品分野別エンドユーザー売上額予測、2011年〜2016年
出典:IDC Japan