IDC Japan は、国内 IT サービス市場での売上規模が大手ベンダーに次ぐ「準大手ベンダー」5社と、売上100〜200億円規模のベンダーの中からベンダーのタイプ別に抽出した「中堅ベンダー」4社の、合計9社の競合分析結果を発表した。これによると、2012年3月期に準大手/中堅ベンダーの多くが業績を拡大したことがわかった。

なお、準大手ベンダーは、OKI、アクセンチュア、大塚商会、新日鉄ソリューションズ、富士ソフトの5社。中堅ベンダーは、シーエーシー、セゾン情報システムズ、電通国際、三井情報の4社。

今回の競合分析によると、2012年3月期の売上高がプラス成長だったベンダーは大手ベンダー11社では約半数だったが、準大手/中堅ベンダーは9社中8社だったという。

イメージ
2012年3月期における準大手/中堅ベンダーの売上額前年度比成長率に対する
サービスセグメント別寄与度
(出典:IDC Japan)

準大手/中堅ベンダーでは、主要顧客の IT 投資増減、特に主要顧客の投資回復が好業績に繋がったという。しかし、企業の経営統合に伴うシステム構築/改修など一過性の案件の影響も大きく、中長期的には準大手/中堅ベンダーの IT サービスビジネスは楽観視できない状況だという。

このような背景に、準大手/中堅ベンダーの多くは「新規顧客の獲得」や「ストック型ビジネスの拡大」を成長戦略に含めている。

また今後、既存顧客に向けたストック型ビジネス中心のサービスと新規顧客獲得の両方に取り組み、更なるスピードやリソースの有効活用が求められると、IDC Japan では分析している。