NTT コム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTT コム オンライン)は、米国 Twitter のツイート取得サービス「FireHose API」を利用して、SNS「Twitter」の日本語ツイート全量データを取得・分析するソーシャルリスニングサービス「Buzz Finder」を10月15日に提供開始した。同サービスは、NTT コミュニケーションズ(NTT Com)を通じ「Biz マーケティング Buzz Finder」としても提供する。初期導入料金(サポートなし)と月額料金は、ID 1個につきいずれも10万円(税別)。

Twitter 全量データによるリアルタイム分析サービス「Buzz Finder」、NTT コム オンライン
Twitter 全量データによるリアルタイム分析サービス「Buzz Finder」

Buzz Finder は、Twitter を活用し顧客の声や関心を分析するソーシャルリスニングサービス。Twitter と FireHose API の使用契約を締結したことで、日本語ツイートの全量データを取得・分析することが可能となった。従来のサービスでは1日単位で分析を提供していたが、新サービスではリアルタイムでツイートの取得や高精度の分析ができる。

取得したデータは、ツイートした人の性別/年代別/職業情報別に分類して分析することが可能。これにより、書き手の性別・年代別にキャンペーンやプロモーションの効果を測定できるほか、訴求するメッセージの変更といった施策を効果的に行なえるとしている。

さらに、特定のキーワードを含むツイート数の増減から異変を察知し、あらかじめ指定したメールアドレスに通知する機能もオプションで用意する。ツイート数の急激な変化が検知された際、その件数などをアラート通知することで、企業は迅速な対応をとることが可能になるという。料金は初期費用が5万円(税別)、月額費用が5万円(同)。