IDC Japan は、国内クラウド向けサーバー市場の最新予測を10月10日に発表した。それによると、2016年の国内クラウド向けサーバー市場は、出荷台数が8万8,400台、出荷金額が293億円になるという。なお、「クラウド向けサーバー」は、クラウドサービス提供用の ICT 基盤を構築するために出荷されたサーバーハードウェアを表している。

国内クラウドサーバー市場は高成長もベンダー間の競争激化、IDC Japan
2011年〜2016年の国内クラウドサーバー市場 出荷額および出荷台数予測(出典:IDC Japan)

2011年の国内クラウド向けサーバー市場は、出荷台数が国内サーバー市場全体54万3,900台(スーパーコンピューター「京」を除く)の4.4%にあたる2万4,100台、出荷金額が84億5,500万円と試算されていた。なお、国内クラウド向けサーバーの出荷台数内訳は、プライベートクラウド向けサーバーが1.8%、パブリッククラウド向けサーバーが98.2%だった。同様に出荷金額は、プライベートクラウド向けが2.3%、パブリッククラウド向けサーバーが97.7%であった。

また、2016年における国内クラウドサーバー市場は、出荷台数が8万8,400台、出荷金額が293億円で、2011年〜2016年の年間平均成長率は、出荷台数が29.7%、出荷金額が28.2%になる見込み。なお、2016年の国内クラウド向けサーバーの内訳は、プライベートクラウド向けサーバーの出荷台数が13.8%、出荷金額が16.3%、パブリッククラウド向けサーバーの出荷台数が86.2%、出荷金額が83.7%と予測されている。

今後も国内クラウドサーバー市場は高成長が見込めるものの、サーバーベンダー間の競争が激化するとしている。

なお、本市場予測では、ホステッドプライベートクラウドサービス用インフラとして出荷されたサーバーは、すべてパブリッククラウド向けサーバーとし、ホステッドプライベートクラウドサービスにはデディケイテッドプライベートクラウドサービスやコミュニティクラウドサービスを含むとしている。また、ストレージサーバーとしてクラウドサービス用に出荷されたサーバーは、クラウド向けサーバーから除外している。