japan.internet.com
マーケティング2012年8月8日 06:00

IDC Japan、国内データセンター建設の調査結果を発表

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20120808/1.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
IDC Japan は2012年8月7日、「国内データセンターの施設に関する調査」の結果を発表した。事業者、一般企業ともにデータセンター新設の投資に意欲的である一方で、災害リスクを想定した信頼性の向上とコスト削減という、相反する要件が解決すべき課題となっていることがわかった。2012年3月、従業員数10人以上の国内企業435社を対象に実施された。


同調査によると、データセンターの新設を計画/検討していると回答したのは、事業者では約37%、一般企業では約22%に上る。構築方法としては、データセンター専用建物では新築(約53%)、オフィスビルでは改修(約54%)が半数を超えている。

データセンター内の電源/空調整備における課題に対しては、回答企業の7割以上が、何らかの改善を行っている。特にデータセンター専用建物において、「総電力量の供給増」に注力している。また、データセンター専用建物やオフィスビルなど、いずれの建物の種類においても「省電力 CPU/サーバーへの更改」「仮想化技術による稼働効率の向上」に取り組んでいる回答者が多く、IT 機器におけるエネルギー効率の改善を強化している。

さらに、事業者、一般企業共に2割程度の回答企業が、「運用/管理コスト削減」を主な理由として、現在保有しているデータセンターの統廃合を計画している。

IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャーの川上晶子氏は次のように述べている。

「特に事業者データセンターは、地震リスク/電力不足への懸念やグローバルな価格競争の激化から、データセンターの物理インフラにおける信頼性の向上とコスト削減という二律背反の課題を突き付けられている。製品やサービスを提供するデータセンターソリューション事業者は、OPEX(Operating Expense)低減を実現する技術開発に注力するとともに、IT と物理インフラの垣根を越えた全体最適化ソリューションを訴求すべきである」

イメージIDC Japan は2012年8月7日、「国内データセンターの施設に関する調査」の結果を発表した。
データセンター新設に対する投資意向
出展: IDC Japan
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.