Marketing

マーケティング

2011年の RDBMS は投資抑制傾向―IDC Japan から

japan.internet.com 編集部
2012年8月7日 / 12:00
 
 
IDC Japan は2012年8月6日、国内構造化データ管理ソフトウェア(SDMS:Structured Data Management Software)の市場予測を発表した。2011年の国内 SDMS 市場規模は、震災の影響により前年比成長率1.5%の2,067億7,700万円にとどまったが、2012年の前年比成長率は3.0%と予測している。また、2011年〜2016年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は3.2%、2016年の市場規模は2,425億3,700万円と予測している。

■2011年は震災の影響により投資抑制傾向
2011年の国内 SDMS 市場規模の内訳を見ると、市場規模が SDMS 市場全体の約79%を占めるリレーショナルデータベース管理ソフトウェア(RDBMS)は前年比成長率2.2%の1,630億6,200万円だった。

RDBMS は東日本大震災の影響により全般的には投資抑制傾向が強まった。特に国公立大学/研究機関では RDBMS の採用が延期になるなど大きな影響を受け、市場が縮小した。同様に電力関連や大企業の製造業も投資抑制傾向が顕著となったが、データセンターや通信キャリア、インターネット通販、ソーシャル/インターネットゲーム産業などではインフラ増強に伴う RDBMS の支出が拡大。また、中堅企業を中心にデータウェアハウスの構築機運が高まり、中堅市場も堅調に推移した。

■2011年〜2016年の間は 年間平均成長率3.2%で推移
2012年の SDMS 市場は2,129億9,500万円、前年比成長率は3.0%で堅調に推移すると予測。さらに、2011年〜2016年の間は CAGR 3.2%で推移し、2016年の市場規模は2,425億3,700万円になるとしている。

■好調に推移するデータ統合/アクセスソフトウェア市場
2011年の国内 SDMS 市場で最も前年比成長率が高いのは、データ統合/アクセスソフトウェア市場で6.1%、市場規模は159億2,700万円だった。データ統合/アクセスソフトウェア市場は、大企業のデータベース統合や、大規模データウェアハウス構築案件が好調だった。また、中堅/中小企業向けもデータウェアハウス構築機運の高まりにより順調に推移した。2012年も引き続き好調に推移し、前年比成長率は4.6%と、SDMS 市場全体の前年比成長率を上回る伸びを示すと予測している。

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ グループマネージャーの赤城知子氏は次のように述べている。

「ビッグデータの活用が注目される中、国内 SDMS 市場は、大量データの高速処理、クラウド技術の採用とサービスの利用、分散高速処理など採用形態が多様化し、適材適所で利用されるようになる。多様なソリューションが競争力を左右する中で、ベンダー間の合従連衡や企業買収、オープンソースソフトウェアエコシステムによる多角的なポートフォリオの実現の動きが加速するであろう」

イメージIDC Japan は2012年8月6日、国内構造化データ管理ソフトウェア(SDMS:Structured Data Management Software)の市場予測を発表した。
2011年の国内 SDMS 市場予測
IDC Japan 提供
【関連記事】
被災地のがれきを使用したアート作品『旅するクジラ』が東京スカイツリータウンに展示
大阪で東日本大震災復興チャリティイベント『TIP OF SMILE』が開催 -- コロナビール1本で10円を被災地に寄付
Yahoo! Japan グループの IDC フロンティア、Riak 開発会社に投資
日本企業におけるビジネス・トラベルの実態と課題 -- 「ジャパン・ビジネス・トラベル・フォーラム」で調査結果を発表
被災地の高校生が“元気な東北”を世界に発信 -- アムウェイが留学支援金贈呈式を開催

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites