Marketing

マーケティング

レッドブル「翼をさずけるキャンペーン」のストーリー(VRI コラム)

川上徹也
2012年7月9日 / 06:00
 
 
企業が生活者とコミュニケーションしていくには、何よりもストーリーが必要です。この場合のストーリーとは、相手の感情を動かすエピソードや仕組みを指します。レッドブル・ジャパンの「翼をさずけるキャンペーン」には、生活者の心を動かすストーリーがありました。

レッドブルは世界160か国以上で販売されているオーストラリアのエナジードリンク。このキャンペーンは、レッドブルの世界観とブランドスローガンである「翼をさずける」の意味をより多くの人に伝えようとして企画されたもの。応募者の中から選ばれた「夢」に、レッドブルが「翼をさずけて」サポートするという内容になっています。

日本でのキャンペーンの仕組みは以下のとおり。まず応募者は自分自身の「夢」「目標」「挑戦」を特設サイト内からツイートします。それらのツイートの中からレッドブル・ジャパン公式アカウントが一日に1つ〜2つを選んでリツイート。選ばれたツイートの中から最終選考で1名が選ばれます。Red Bull は、その夢を実現すべくサポートします。

サポート内容についての金額などは特に設定されておらず、内容に応じてレッドブルが実現可能なサポートをすることになっています。このキャンペーンは2012年7月1日から8月31日まで実施されます。まだ始まったばかりですが、既に数多くのツイートが寄せられ話題になりつつあります。

ではなぜ、多くの人がこのキャンペーンに関心をよせるのでしょう?それはこのキャンペーンに、人が話題にし、またそれを広げたくなるようなストーリーがあったからです。まず、応募者を主人公にする仕組み。人は誰でもストーリーの主人公になりたいもの。このキャンペーンは、お手軽に自分の「夢」「目標」「挑戦」をツイートするだけで、誰もが自分だけのストーリーの主人公になることができるのです。

またサイト内では、応募した人たちのツイートを読むことができます。ツイートの数だけストーリーを感じることができます。さらに「自分の夢をツイートしたらレッドブルが翼を授けてくれるって」とシンプルにクチコミしやすいことも、ソーシャルメディアで話題が広がっていきやすい要因です。

レッドブルの「翼をさずけるキャンペーン」は世界中で実施されますが、コンセプトだけが同じで、具体的な内容は国ごとに違います。たとえば、アメリカでは「自分が見たい、実現させたいイベントやプロジェクトのアイデアを応募。投票や審査を経て優勝したアイデアにレッドブルが翼をさずけ実現させる」というキャンペーンを実施。他方イギリスでは、「Red Bull Racing 本社での1か月間のインターンシップを募集。オンラインテスト、書類選考、面接をパスした合格者にインターンシップという形で翼をさずける」というキャンペーンを実施。

各国のキャンペーン内容を比較してみるのもおもしろいですね。それぞれ内容は違っても「翼をさずける」というブランドスローガンにあったストーリーがあることが決め手です。このように、優れたコミュニケーションには必ずストーリーがあります。あなたの会社のコミュニケーションには、インタラクティブなストーリーがありますか?

■レッドブル・ジャパン「翼をさずけるキャンペーン」
http://www.redbull.jp/cs/Satellite/ja_JP/Article/World-Of-Red-Bull-Campaign-021243228786846

(執筆:川上徹也)

【関連記事】
5月の F1 層はピクシブがミクシィをおさえて1位(VRI 調査)
独ライプチヒ大学が米国 IR 協会(NIRI)の年次大会で報告「ソーシャルメディアで先行するのはドイツ、イギリス企業」(VRI コラム)
5月の M3 層、時事通信が首位キープ、日本経済新聞社が2位にランクイン(VRI 調査)
4月の F2 層、「ベルメゾン」が首位キープで「ベルーナ」がランクイン(VRI 調査)
5月の接触者数上昇サイト、国立天文台が前月比約349%増(VRI 調査)

関連キーワード:
ツイート
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites