Marketing

マーケティング

にちほシンクタンクと日本電気保安協会、中小企業向けに節電ノウハウをまとめたサイトを公開

japan.internet.com 編集部
2012年6月29日 / 14:00
 
にちほシンクタンクと日本電気保安協会は2012年6月29日、中小企業経営者を主な対象に、各所で節電が叫ばれている今夏に向けた具体的な節電のノウハウと提言をまとめたウェブサイト『電力不足を解決するための提言』を開設した。

ウェブサイト『電力不足を解決するための提言』
ウェブサイト『電力不足を解決するための提言』

このウェブサイトでは、電力を“供給する側”ではなく、“需要する側”から節電を見直し、電気料金の仕組みを正しく理解することや、節電が企業の社会的責任を果たすだけでなく、経費の節減にもなり、利益をもたらすものであることを伝えていく内容となっているという。

また、老人ホームで給食用保温器と風呂暖房の時間をずらしてピーク電力オーバーを回避した事例、大手外食チェーンで業務用食洗機をピーク時間帯以外に集中稼働させることでピーク電力の削減に取り組んでいる事例、ビジネスホテルでチェックアウト時間が集中して電力ピークが起きるため「アーリーチェックアウト割引」プランの導入によってピーク電力を分散させる検討をしている事例など、企業が実践している様々な節電の事例、特に業務のピーク時間帯をスライドすることで電力需要のピークを引き下げた(ピークスライド)事例を中心に紹介している。

発表を行なったにちほシンクタンクによると、節電は電力を需要する企業自身が活動の実態を見直してミクロな視点でムダを発見することや、“電気料金=基本料金+使用量料金”の仕組みを正確に理解しながら、業務のピーク時間帯をうまくスライドさせて電力需要のピークを引き下げることで、経費削減を行うこと、そしてそれを経営者自らのリーダーシップで推進することが重要だとしている。

■「電力不足を解決するための提言」ウェブサイト
http://www.nichihott.com/peak/
【関連記事】
BIGLOBE の節電特集、節約した電力と料金を計算できる機能を
ヤフーが節電ガイド公開、企業/家庭で役立つポイントなどを紹介
身近な節電・省エネが、企業の意識を変革させる -- 日本テクノ中山氏に聞く
太陽光と家庭用電源から充電できる可搬型バッテリ「防水蓄発くん」
ソーラーパネル搭載バッグ「HALOS」、節電の夏に電源確保

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites