Marketing

マーケティング

人気 No.1 は沖縄県!―全国老後に住みたい都市・都道府県ランキング

japan.internet.com 編集部
2012年6月26日 / 19:00
 
オウチーノ総研は2012年6月26日、「老後に住みたい都市・都道府県」の調査結果を公表した。同調査では「老後に住みたい都道府県」で沖縄県が、「老後に住みたい都市」で沖縄県の那覇市がそれぞれ総合1位に選ばれた。

■老後に住みたい都道府県、1位はダントツで沖縄県

「老後に住みたい都道府県」で、総合1位を獲得したのは「沖縄県」。20代から60代までのすべての世代で1位に選ばれた。

人気 No.1 は沖縄県!―全国老後に住みたい都市・都道府県ランキング
老後に住みたい都道府県ランキング
*クリックして拡大

世代別に沖縄県を選んだ理由をみると、「のんびり暮らせそう」「落ち着いて暮らせそう」「リゾート感がある」といった「雰囲気」を重視する回答をした人が20代では55.6%、30代では58.3%に達していた。一方、60代以上においては「雰囲気」を重視した回答は12.5%にとどまり、58.3%がその温暖な「気候」を理由に挙げた。また、60代以上からは「原発がない」「放射能の心配がない」といった「原発」にまつわる理由も挙がった。

■老後に住みたい都市、総合1位は那覇市

「老後に住みたい都市」では、沖縄県の「那覇市」が総合1位を獲得した。2位以下には、「東京23区」「札幌市」「京都市」「大阪市」「横浜市」が続いた。

老後に住みたい都市ランキング
老後に住みたい都市ランキング
*クリックして拡大

「那覇市」を選んだ理由をみると、「おだやかな気候」や「ゆったりとした雰囲気」を挙げる人が多かった。

他の都市を選んだ理由では、「東京23区」を選んだ人は「便利な生活」、「札幌市」は「総合的な住みやすさ」、「京都市」は「文化的生活」、「大阪市」「横浜市」は「地元志向」をあげる人が多い傾向にあった。

同調査は日本在住の20歳以上の男女1,083人を対象にして、インターネットによるアンケート調査により実施された。有効回答者数は753人。調査期間は、2012年5月21日から27日の7日間だった。
【関連記事】
「同じマンションに住んでいたらイヤなのは?」―SUUMO なんでもランキング
引越しシーズンで見落としがちなニオイ対策 -- 布製家具の消臭対策と”エアデコ”で新居を快適に
トヨタホーム、「でんじろう先生」が監修する『エコミライの家』体験イベントを開催
震災で見直されるお墓の地震対策 --「お墓まごころ価格.com」に聞くその工夫とは
独身男女の選ぶ理想の住まい「必要条件を満たしたコンパクトな物件」−アイシェア調べ

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites