Marketing

マーケティング

肌や心の乾きを抱えて働く女性、理想は“心も肌も『自活保湿』ができること”

japan.internet.com 編集部
2012年5月22日 / 16:00
 
トレンド総研は、20歳から49歳の女性有職者500名を対象に、「“心”と“肌”の乾き」に関する意識・実態調査を実施し、結果を公開した。調査結果によると、働く女性たちの多くが、“心”や“肌”の「乾き」に対して自ら上手に「潤い」を与えられる、自立した女性を目指しているという。

● “心”の乾きを感じる多くの女性、自分自身で解決する“自立した女性”を目指す

調査結果によると、72%の女性が「普段、“心”が乾いていると感じることがある」と回答。具体的な「“心”が乾いていると感じる瞬間」については、「仕事で疲れて帰ってきて、お風呂に入ることすら面倒くさいと感じる時。(29歳・神奈川県)」「人に会うのが面倒になり、友達の誘いを嘘の用事で断る時。(42歳・千葉県)」「イケメンを見ても、全くときめかない時。(21歳・大阪府)」などの回答が挙がっている。多くの女性が、忙しさや疲れが原因で、“心”に余裕をなくしてしまうことがあるようだ。

普段、“心”が乾いていると感じることがありますか?
普段、“心”が乾いていると感じることがありますか?

一方で、70%の女性は「自分で“心”に潤いを与える手段を持っている」とも回答している。具体的には、「愛車でドライブをする。(41歳・新潟県)」「手ごねパンを焼く。(37歳・神奈川県)」「一人でカラオケに行って気持ちよく歌う。(28歳・京都府)」「好きな音楽を聞きながら、家庭菜園をする。(28歳・三重県)」などの回答が挙がり、自分の好きなものなどで上手に気分転換する手段を持っている女性が多い様子が伺える。

自分で“心”に潤いを与える手段を持っていますか?
自分で“心”に潤いを与える手段を持っていますか?

「“心”の乾きを感じた時、最初にどのような行動をとることが多いですか?」という質問に対しては、「自分自身での解決を試みることが多い」との回答が54%にのぼり、「周囲の人に相談してみることが多い」(18%)、「特に何もしないことが多い」(27%)などの回答を上回っている。また、「自分自身で“心”に潤いを与えられることは、働く女性にとって重要だと思いますか?」という質問にも、94%が「思う」と回答しており、働く女性の多くは人に頼り過ぎずに、自分で上手く“心”に潤いを与えられる、自立した女性を目指しているようだ。

● “肌”の乾きに対して、回答者のほぼ全員が『自活保湿』の重要性を認識

レポートでは続いて“肌”の乾きに関して調査を行なっている。「普段、自分の“肌”が乾いていると感じることがあるか」という問いには、85%の女性が「ある」と回答。具体的な“肌”の乾きを感じるときについては、「朝、メイクをするときに、化粧のりが悪い時。(32歳・東京都)」「夕方に鏡を見て、目の小ジワが目立っていた時。(29歳・滋賀県)」「洗顔後、肌が突っ張る時。(42歳・千葉県)」などが挙がっている。また、約7割にあたる68%は「スキンケアで十分に“肌”に潤いを与えても、肌本来の調子が戻らないと感じたことがある」と回答している。

普段、自分の“肌”が乾いていると感じることがありますか?
普段、自分の“肌”が乾いていると感じることがありますか?

一方、『“肌”が本来持つ力を引き出す』という点を意識したスキンケアをしているかを聞いた質問に対して、「している」と回答した女性は24%に留まっているものの、「今はおこなっていないが、必要性を感じる」と答えた女性は47%と約半数にのぼり、スキンケアにおいて、不足している成分を「与える」だけではなく、「本来持つ力を引き出す」という視点を持つことの重要性を感じている女性は多いと言える。

レポートの中でトレンド総研は、“肌”が本来持つ“潤い”を維持したり取り戻したりする機能を最大限に高めることを『自活保湿』と名付けている。今回の調査で、女性の93%はこれを「働く女性にとって重要なことだと思う」と回答している。働く女性たちは、“心”も“肌”も、自らの乾きを自らで潤す、『自活保湿』が重要であると感じているようだ。

“肌”を『自活保湿』できることは重要だと思いますか?
“肌”を『自活保湿』できることは重要だと思いますか?

● 肌の“乾き”の要因と、『自活保湿』を促すためのポイントは?

調査結果を受けて、皮膚科医の友利 新氏は次のように解説している。

友利氏によると、肌の“乾き”の要因の中でも、全ての人に当てはまるのが「加齢」や「ストレス」だという。体内のコラーゲンの再生能力や、セラミドなどの天然保湿成分の産生能力は、20代後半頃から低下していき、それによって、肌の乾きも感じやすくなるのだという。また、仕事や家庭などでストレスを感じると、皮脂の分泌量が活発になったり、皮膚の水分量を増やす働きをもつ“美肌ホルモン”と呼ばれる「エストロゲン」が低下。これらも肌の乾きの一因になり得るそうだ。

そして、肌の『自活保湿』を促すためのポイントについて、友利氏はまずストレスを感じている時の体内の「緊張状態」を解消することを挙げている。肌は緊張をすると末梢の血管が細くなるため、血流が低下し代謝が落ちる。そのため、血流を良くするためのマッサージをしたり、スチームをあててあげたりすると良いという。また、ストレスによる肌への負担を軽減するために、自分で上手にメンタルケアをすることも重要だ。

また、スキンケア製品を活用することもポイントだという。空気が乾燥する冬だけでなく、エアコンの空気や紫外線にさらされる夏も肌は乾燥しやすい状況にある。使用するスキンケア製品選びでも、肌の「自活保湿」を意識するべきだという。

肌の「自活保湿」を高めるための方法としては、セラミドなどの、肌本来が持つ「天然保湿成分」を取り入れるという方法があるという。友利氏によると、セラミドは皮膚の1番外側の「角層」で角質細胞の間をセメントのように埋めている「細胞間脂質」の構成成分で、セラミドが増えることで、皮膚の「水分保持能」(角質内に水分を保つ能力)が上がるという。

友利氏によると、医薬部外品の効能として唯一「水分保持能」の“改善”効果が認可されている成分として、「ライスパワーエキスNo.11」というものがあるという。この成分には、「セラミド」を産生し「水分保持能」を高めることで、肌全体のバリア機能をアップさせるという働きがあるそうだ。


調査の結果、働く女性たちの多くが“心”に乾きを感じている一方で、自分自身でこうした乾きを潤せる“自立した女性”でありたいと考えていることがわかった。また、“肌”に関しても、肌本来の力を引き出すスキンケアを通じて肌をしっかり自立させる『自活保湿』の重要性を感じている女性が多いことがわかった。自分なりのメンタルケアや、自身の肌本来がもつ水分保持能をあげるためのスキンケアで、“心”も“肌”も『自活保湿』ができることは、現代の働く女性にとっては重要なスキルの1つなのかもしれない。
【関連記事】
肌診断アプリ「Beautecam (ボーテカム)」用新レンズ発売へ
7割の女性がすっぴんに自信ナシ、9割以上が腸に悩みあり --腸内美活実践者の約半数はすっぴんに自信、注目は「ビフィズス菌」
「美」に関心のある女性の8割、美容が後手後手に--アイリサーチ調べ
美容のための生活習慣改善アプリ「mememo」の iPhone 版がリリース
KDDI、スマホ女子の美容をサポートするフィットネスアプリ6つを100円で提供

関連キーワード:
カラオケ
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites