Marketing

マーケティング

東京スカイツリーの展望台の高さは世界で何番目?―トリップアドバイザー、「本当に世界一高い展望台はドコ?」を公開

japan.internet.com 編集部
2012年5月22日 / 06:00
 
トリップアドバイザーは2012年5月17日、インフォグラフィック「本当に世界一高い展望台はドコ?」を公開した。世界の高層建築物の高さ、その展望台の高さ、展望台に1メートル上るための料金の高さを比較している。

2012年5月22日に開業を迎える東京スカイツリーは、高さ634メートルで自立式電波塔としては世界一の高さに認定されている。

だが、同インフォグラフィックによれば、タワーに限定せず、世界中の高層建築物すべてを対象にしてその展望台の高さを比較すると、1番高い位置にあるのは中国の「上海環球金融中心」の展望台で、その高さは地上474メートルだという。以下、452メートルの位置に展望台があるドバイ「バージュ・カリファ」、454メートルの中国「広州塔」が続く。東京スカイツリーの展望台「天望回廊」の高さは450メートルで、世界4位となっている。

また、入場料金を展望台の高さで割り、展望台に1メートル上るために必要な金額を計算すると、東京スカイツリーは1メートルあたり7.78円で、世界7位となる。1メートルあたり8.24円かかる横浜マリンタワーより安く、7.75円の札幌テレビ塔とさほど変わらない料金であることがわかる。

東京スカイツリー天望回廊への入場料金3,500円は高いと言われているが、展望台の高さから考えれば意外にお得なようだ。

ちなみに、1メートルあたりの料金が1番高いのはイタリアの「ピサの斜塔」で、32.82円。トリップアドバイザーでは、このピサの斜塔を「世界で一番高い展望台」だとしている。

ピサの斜塔にはエレベーターなどは設置されておらず、296段の階段を1段ずつ自分の足で上るしかない。階段1段あたりで見れば、その料金は6.1円となる。これが高いのか安いのかはなんとも言えないが、展望台まで螺旋階段で上ると、塔が傾いていることもあり、目がまわることだけは間違いない。

東京スカイツリーの展望台の高さは世界で何番目?―トリップアドバイザー、「本当に世界一高い展望台はドコ?」を公開
インフォグラフィック「本当に世界一高い展望台はドコ?」
(出典:トリップアドバイザー)

*クリックして拡大
【関連記事】
「外国人に人気の日本の観光スポット」トップ20―トリップアドバイザー調べ
2025年までの皆既/金環/金環皆既日食を世界地図で紹介
ゴールデンウィークのお出かけにおすすめ!―トリップアドバイザー「行ってよかった日本の公園 トップ50」を発表
インスタントラーメン発明記念館が1位に!―トリップアドバイザー「行ってよかった工場見学&社会見学トップ10」
日本人の肥満度は、先進国中最も低い―トリップアドバイザー「先進国の肥満度比較」を公開

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites