japan.internet.com
マーケティング2011年12月22日 10:00

剛力彩芽、渡辺大「ランチパック」新CM出演 楽曲は復活 絢香に

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20111222/1.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
最も活躍が期待される若手女優の1人、剛力彩芽がヤマザキ「ランチパック」の新 CM「自由型ランチ ダンス篇」に出演することが22日分かった。昨年からイメージキャラクターを務める注目の実力派俳優、渡辺大の出演する「自由型ランチ 大人の男のオフ篇」とともに計2本、来年1月1日から全国で放送される。

今回の CM は“自由型ランチ”をコンセプトに、「ランチパック」を好きな時に、お気に入りの場所で、気分に合わせて選ぶ楽しみのある食事として提案していく。

CM オリジナルのダンスを披露する剛力彩芽
CM オリジナルのダンスを
披露する剛力彩芽
剛力彩芽の CM は大学構内の自然光が差し込む廊下で、ダンスを友人に披露するという設定。剛力は5歳からダンスを習っていたが、本格的なダンスを披露する CM は今回が初だという。撮影では、「ランチパック」の四角を腕の動きでつくる複雑な動き“タット”も難なくクリア。軽やかにステップを踏みながら終始はつらつとした笑顔を見せ、インタビューでも踊る喜びを熱く語った。「(CMで)大好きなヒップホップダンスをみなさんにお見せするのは初めて。ダンスは自分の一部なので、とても楽しかったです!」(剛力彩芽)。

コンセプトである「自由型ランチ」から連想するのは、「日差しを浴びて、自分の好きなようにのんびりと食べる温かなひととき」だと言う。「私も友人と1個ずつ分けあって食べていました。ほっこりするような幸せな瞬間を思い出します。ツナマヨネーズが私の定番ですが、これからはいろんな味に挑戦したいです。地方限定の味もたくさんあるので、これらを食べ歩く“ランチパックの旅”もしてみたいなと(笑)」(剛力彩芽)。


「お気に入りの場所×ランチパック」シーンの撮影に挑む渡辺大
「お気に入りの場所×ランチパック」シーン
の撮影に挑む渡辺大
一方、渡辺大出演の新 CM は「大人の男のオフシーン」がテーマ。気分をリセットするため喧噪を抜け出した渡辺が、お気に入りの場所でリラックスしながら「ランチパック」を食べるという設定。撮影は港に面した海岸通りの一角で行われた。当日は雲ひとつない快晴に恵まれ、渡辺は自然体の笑顔で撮影に取り組んだ。前回は自転車で街中を疾走する若手ビジネスマンを演じたが、今回意識したのは“動“から “静”への変化だという。「アクティブでスピード感のある前回とは対照的にしたかったんです。僕が演じたビジネスマンもあれから成長したはずですよね。大人の“落ち着き”を出せればと思いながら演じました」(渡辺大)。

前作の撮影から約1年半。相次ぐ主演作や話題作への出演など、活躍の場を着実に広げている渡辺自身の飛躍とも重なりそうだ。「手軽に食べられて、食事としての満足感がある」ので、撮影現場への差し入れにも重宝していると語った渡辺。この日の撮影で食べたのは、「ランチパック たまご」。朝食を抜いて撮影に臨み、自身の定番の味も楽しんだようだ。最近は、「『ランチパック』をトースターで焼いてカリッとさせ、熱いコーヒーとともに流し込む」のがお気に入りと、食べ方の提案もしてくれた。

CM 曲は約2年ぶりに再始動する絢香の楽曲『Hello』を採用。これは2012年2月1日にリリースされる新作アルバム『The beginning』収録曲で、キャッチーなサビが印象的なアップチューンとなっている。

剛力のダンス、渡辺の成長、絢香の音楽、注目話題がそろった新 CM に期待したい。

■ランチパックスペシャルサイト(山崎製パン)
http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.