Marketing

マーケティング

家計簿を付ける人と付けない人、貯蓄額に71万円の差 -- NTT コミュニケーションズ調べ

japan.internet.com 編集部
2011年12月14日 / 13:00
 
クリスマスにお歳暮、忘年会、年末年始の帰省など、これからの季節は何かと出費がかさみ、また1年の締めくくりとして今年1年の収支を振り返ったり、来年に向けた計画を立てるシーズンでもある。家庭の金銭面の管理には昔から「家計簿」が役に立ってきたが、現代のビジネスパーソンはどの程度この「家計簿」を活用し、そしてどのような効果を挙げているのだろうか。

無料の自動オンライン家計簿サービス「OCN 家計簿」を運営している NTT コミュニケーションズは、20代から40代の有職者男女600名を対象に『現代ビジネスパーソンの家計簿実態調査』を実施し、結果を公開した(600名を家計簿を付けている人、付けていない人300人ずつに均等割り付け)。調査結果によると、収支を家計簿に記録している人としていない人の生活には大きな違いがあることが明らかとなった。

■ 1ヶ月の家計簿入力時間「平均104分」、ユーザーの意識は”時間短縮したい”


家計簿をつけている人をアナログ派(手書き)、デジタル派(データ入力)に大別すると、アナログ派の利用しているツールは「市販の家計簿」(49.3%)と「ノートや手帳、メモ帳」(48.0%)が中心で、デジタル派は「エクセルで作成したオリジナルの家計簿」(58.0%)が中心となっている。主に「無駄遣いを減らし節約するため」(73.3%)や「貯蓄をするため」(54.3%)に家計簿を付けており、デジタル派には「使途不明金をなくすため」(52.7%)という意見も多い。「気がついたらお金が減っていた」という金銭感覚のルーズさを解消したいという意図が読み取れる。
家計簿の記録に利用しているツールは?
家計簿の記録に利用しているツールは?
家計簿を付ける目的は?(複数回答の上位4項目)
家計簿を付ける目的は?(複数回答の上位4項目)

家計簿の入力を始めた時期は、アナログ派が25.8歳、デジタル派が28.8歳で、アナログ派のほうがやや早めに家計簿を付け始めているようだ。また、家計簿を付ける頻度は「出費がある都度」(33.3%)、「1日1回」(25.0%)が多いが、1ヶ月分の家計簿をつける所要時間の合計は平均で104.4分にも上り、アナログ派(110.4分)はデジタル派(98.3分)より12分も長くかかっている。そのため、『家計簿をつける時間を短縮したい』という意向がある人は約6割(57.3%)にものぼり、短縮するための方法として関心が高いのは、「ウェブ上にある無料の家計簿ソフト・アプリ」(47.1%)という結果になった。
家計簿を付ける時間を短縮するために利用したいのは?(複数回答の上位4項目)
家計簿を付ける時間を短縮するために利用したいのは?(複数回答の上位4項目)

また、現在家計簿を付けてない人でも約半数(51.7%)が過去に家計簿を付けた経験がある”挫折組”で、挫折した理由は書き込んだり入力したりする「手間」と家計簿を付けるための「時間」という意見が多く、手間と時間のダブルの“かかる”が大きな障壁となっていることがわかった。
現在家計簿を付けていない理由は?(複数回答の上位5項目)
現在家計簿を付けていない理由は?(複数回答の上位5項目)

■ 家計簿を付ける人と付けない人、貯蓄額に大きな差が

家計簿を付ける人と付けない人のお金の使い方や生活習慣などを比較してみると、まずお金の使い方に大きな違いがあることがわかる。付けている人は通帳の記帳をこまめにしたり、一番安い交通ルートを検索するなど、生活のあらゆるシーンで無駄を省く堅実な経済感覚を身につけており、貯蓄額は639.8万円。これは、家計簿を付けない人(568.7万円)より71万円も多い。また、自動車や家など大きな買い物のために貯蓄をした経験がある人は家計簿を付けていない人が53.0%に対して家計簿を付ける人は72.0%と高く、家計簿を付ける人には目的のために自己管理ができる人が多いようだ。

また、生活習慣を見ても、家計簿を付ける人は几帳面で体調管理への意識も高く、スポーツをする習慣もあり、先々のことを考えて行動するため、目標を達成できたことも多い。家計簿を付けることで自己管理能力が身につき、計画性のあるライフスタイルを実現できることによって生活の様々な面で良い効果となって表れているようだ。

そして、家計簿を付ける男性のイメージを聞いた質問には、「きちんとしている」、「規則正しい生活ができる」、「健康的」、「仕事ができる(要領がよい)」、「頼れる・頼もしい」「家庭的」など好意的なイメージが多く挙がり、家計簿を付ける男性は女性にとって理想的な存在となっているようだ。

■ 理想の家計簿として「ウェブ上の無料の家計簿ソフト・アプリ」に関心高まる

それでは、利用者にとって”理想の家計簿の条件”とはどのようなものだろうか。調査結果によると、理想の家計簿は「お金を使ったら、自動的に記録」(62.5%)してくれたり「使ったお金を自動的に費目分類」(55.8%)してくれたりする、手間暇をかけることなく自動的に家計が管理できるもので、さらには「使いすぎの注意」(22.3%)や「使い方のアドバイス」(20.2%)までしてくれる家計アドバイザー的な存在が求められているようだ。
理想の家計簿の条件は?(複数回答)
理想の家計簿の条件は?(複数回答)

関心のある家計簿としては、「ウェブ上にある無料の家計簿アプリ・ソフト」(45.8%)がトップで、ウェブ上の家計簿ソフト・アプリのメリットとしては、収支の記録をする「手間が減る」(49.2%)「時間が減る」(36.2%)、「ウェブ上のお金のやり取りを自動で記録できる」(34.1%)といったウェブ上のソフト・アプリならではの機能があげられている。今回調査を行なった NTT コミュニケーションズの「OCN 家計簿」をはじめ、パソコン、スマートフォン向けには無料の家計簿サイト、アプリが数多く公開されている。時間と手間を省くことができ効率よく家計の管理ができるこのようなウェブ上の無料の家計簿ソフト・アプリは、理想の家計簿として今後ますます注目されそうである。
ウェブ上の家計簿のメリットは?(複数回答)
ウェブ上の家計簿のメリットは?(複数回答)
【関連記事】
ウィルコム、ドコモ 3G MVNO を終了
NTT データ、米州グループ企業を「NTT DATA」に統合
NTTドコモ、Xi スマホ「ARROWS X LTE F-05D」予約受付を12月10日開始
NTT データイントラマート、クラウド対応のPC/スマホ向け画面作成ツールをリリース
ドコモ、テンキー防水スマホ「AQUOS PHONE slider SH-02D」を予約開始

関連キーワード:
スマートフォン
 
エクセル
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites