Marketing

マーケティング

国内自動車メーカー8社のウェブ担当者が初の共同プロジェクト「Drive Japan」を発足

japan.internet.com 編集部
2011年12月6日 / 17:00
 
 
スズキ株式会社、ダイハツ工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、富士重工業株式会社、本田技研工業株式会社、マツダ株式会社、三菱自動車工業株式会社の国内自動車メーカー8社は12月5日、史上初となる業界横断企画としてソーシャルメディア活用プロジェクト「Drive Japan」を開始した。
「Drive Japan」プロジェクトの第一弾として公開された「Drive Heart」
「Drive Japan」プロジェクトの第一弾として公開された「Drive Heart」

このプロジェクトは、日本の自動車メーカー8社のウェブ担当者が集まり発足したプロジェクトで、日本ならではのクルマのあり方を考え、もっとクルマを好きになってもらうために何が必要かを考え、行動していくという趣旨のもの。自動車業界においては従来からウェブ担当者同士の情報交換は定期的に行っていたそうだが、ひとつのプロジェクトに8社のウェブ担当者が業界横断で取り組むのは初めての試みだという。「若者のクルマ離れ」と呼ばれるような業界全体の問題を中心に、メーカー主体では語り切れなかった「クルマのある暮らし」の価値に関して、ソーシャルメディア上でユーザーとともに考えていくというのがプロジェクトの狙いだ。

きっかけは3月に発生した東日本大震災で、「自動車メーカーとして何ができるか」を8社のウェブ担当者が自然発生的に語り合い始めたことが、業界横断プロジェクトの発足の第一歩になったという。また、震災後に日産自動車の公式 Twitter アカウントが競合企業であるトヨタ自動車や本田技研工業の Twitter アカウントにオープンに話しかけたことが、予想を上回るユーザーの反響を得たという出来事も、従来では考えられないソーシャルメディアならではのコミュニケーションの形を体験することとなり、今回のプロジェクト発足を後押ししたそうだ。

具体的な活動としては、同日より8社が共同で運営する「Drive Japan」プロジェクトの Facebook ページを公開したほか、プロジェクトの第1弾企画として、「クリスマスにまつわるクルマの思い出」を集めるウェブサイト「Drive Heart」をオープン。クリスマスにクルマで出かけた思い出や、理想のドライブデートなど、クリスマスにまつわるクルマのエピソードをソーシャルメディアで募集し、応募されたエピソードの中から部門別に選ばれた入賞者は、12月22日に開催予定の受賞パーティーに招待する予定だという。

また今後は、プロジェクトの趣旨に共感した自動車メーカー以外の企業の参画も受け入れ、自動車メーカー単体では実現が難しかった活動も実施していきたいとしている。
Drive Japan プロジェクトの Facebook ページ
Drive Japan プロジェクトの Facebook ページ

■「Drive Japan」プロジェクトサイト
http://drive-japan.jp/

■「Drive Japan」プロジェクト Facebookページ
https://www.facebook.com/drive.japan
【関連記事】
モーターショーのトヨタブースで MS Kinect を体験
トヨタ「ラクティス」、世界最大の UFO キャッチャーを楽しむ家族の幸せを描いた新テレビ CM のスペシャル動画とゲームをネットで公開
Intel、トヨタと次世代車載システムで共同研究
トヨタ純正カーナビはイーソル RTOS、「eBinder」で開発
日産自動車、夕暮れ時の交通事故防止アクション「おもいやりライト」、21日・あかりの日に一斉ヘッドライト点灯を呼びかけ -- 前日20日夜には決起集会も

関連キーワード:
Facebook
 
Twitter
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites