Marketing

マーケティング

ビジネスパーソンの職場内ランチ事情に変化?『無糖紅茶』への支持高まる

japan.internet.com 編集部
2011年12月1日 / 18:30
 
トレンド調査を手がけるトレンダーズは、デスクや休憩室など職場内でランチを食べている20歳から39歳の男女500名に対して「職場のデスクでのランチに関する実態調査」を実施し、結果を公開した。

● 「お弁当のお供=お茶・ミネラルウォーター」というトレンドに変化?

まず、「職場のデスクでのランチでよく食べるもの」を聞いた質問で最も多かったのは「手作りのお弁当」で、65%。次いで、「市販のお弁当」(33%)、「おにぎり」(29%)、「パン」(26%)、「サンドイッチ」(19%)、「カップラーメン」(17%)と続いている。

これらのランチと一緒に用意するドリンクについて、最も職場内でのランチで食べられていた「手作りのお弁当」に関しては、「緑茶飲料」と答えた人が最も多く35%。以下、「ミネラルウォーター」(20%)、「ウーロン茶飲料」(17%)、「ブレンド茶飲料」(15%)と続き、「紅茶飲料」と答えた人も8%。また、「市販のお弁当」についても、お茶飲料やミネラルウォーターの回答が多く見られたが、「紅茶飲料」と答えた人も12%いた。
市販のお弁当でランチを食べる際、ドリンクは何を飲みますか?
市販のお弁当でランチを食べる際、ドリンクは何を飲みますか?

これまで「お弁当」にはお茶やミネラルウォーターが定番だったが、「紅茶飲料」をお弁当のお供にする人もいるようだ。この「紅茶飲料」は、職場内でのランチで「ハンバーガー」を食べる際には45%が、「パスタ」を食べる際には39%が、「サンドイッチ」を食べる際には37%がそれぞれ「飲むことがある」と回答。また、「おにぎり」でも15%が、「カップラーメン」でも13%がそれぞれ「飲むことがある」と答えている。洋食のランチの際だけでなく、「お弁当」や「おにぎり」、「カップラーメン」など、「紅茶飲料」は幅広い食べ物と一緒に飲まれていることがわかった。

● ランチに選ばれる「無糖紅茶」、その理由とは?

そして、「1年前と比べて、ランチを食べる際のドリンクに『紅茶飲料』を選ぶ頻度は増えましたか?」という質問には、28%と3人に1人が「増えた」と回答。やはり、ランチの際に「紅茶飲料」を選ぶ人は増えている傾向にあるようだ。

また、「紅茶飲料はランチに合うと思いますか?」という質問に対して、「合うと思う」と答えた人は77%と約8割にものぼっている。具体的にランチに合う紅茶飲料としては、「無糖紅茶」が1位で74%。「ストレートティー(加糖)」(66%)、「レモンティー」(23%)、「ミルクティー」(19%)などを大きく上回る結果となっている。ランチの際に紅茶飲料を飲む人が増えている背景には「無糖紅茶」が大きく関係しているようだ。
ランチに合うと思う紅茶飲料の種類は?
ランチに合うと思う紅茶飲料の種類は?

実際に、「職場内でのランチで無糖紅茶を飲むことはありますか?」という質問に対して「ある」と答えた人は57%と6割にものぼっており、無糖紅茶がランチに合うと思う理由としては、「無糖紅茶は、料理の味の邪魔にならない。(37歳・女性)」、「脂っこい食事をすっきりさせてくれるから。(35歳・男性)」、「お茶より口当たりが優しく、またごはんの味の物足りなさをカバーしてくれるから。(35歳・女性)」などの意見が挙がっており、ランチの際に積極的に「無糖紅茶」を選んでいる実態が浮き彫りになった。

● トレンドの変化の背景にあるものとは?〜商品ジャーナリストの北村森氏

このような調査結果について、元日経トレンディ編集長で商品ジャーナリストの北村森氏は、「最近、『手作りのお弁当』を食べる人が増えている。その理由としては、不景気のために節約するという側面ももちろんあるが、どちらかと言うと、食のバランスを考えたり、家族とのつながりを意識したりと、積極的な理由で『手作りのお弁当』を選んでいるように思える。また、『市販のお弁当』を利用する人も多い。これまで、『市販のお弁当』は量重視のものが多かったのに対して、お腹を満たすだけでなく、“楽しめるお弁当”が増えているのが要因のひとつ。」とコメント。

また、ランチに紅茶飲料を選ぶ人が増えている実態については、「紅茶飲料を選ぶ人が増えている背景には、やはり『無糖紅茶』の存在が大きいと考えられる。無糖紅茶は香りが強く、さっぱりしているので脂の多い料理などとは相性が良い。さらに、飲み飽きせず、食前・食中・食後にいつでも飲め、シーンを選ばないのがポイントだ。また、お茶やミネラルウォーターはのどの渇きを潤すための『止渇飲料』の側面が強いのに対して、紅茶は『嗜好飲料』の側面が強い。ランチの際に、定番のお茶やミネラルウォーターを選ぶのではなく無糖紅茶を選ぶ動機には、食事に合うということ以外に、飲料に対しても香りや味を楽しみたいといった嗜好があるようだ。」と分析している。

ただお腹を満たすだけでなく、お弁当も“楽しめるもの”に変化してきた、昨今の職場内でのランチ事情。そんな“楽しめるお弁当”をより豊かにするために、飲み物でも、お茶やミネラルウォーターといった単にのどの渇きを潤すだけものではなく、嗜好性の高いものを選ぶ人が近年増えているようだ。
【関連記事】
今年のクリスマス、家で友達とパーティーを楽しむ「お家派」増加傾向 女性があげたいプレゼント第1位は「美容家電」 -- イード調べ
エレコム、スマートフォン用斜めがけショルダーポーチ
10月F1、ニッセンとベネッセ上位変わらず、ホットペッパー9位に転落(VRI 調査)
ニコン、都内飲食店で女性グループ客に「Nikon 1」を無料貸し出しする企画を開催
クリスマス直前、心理学者植木理恵が悩める婚活女子100名を対象に恋愛講座を無料開講

関連キーワード:
無糖
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites