Marketing

マーケティング

「明治北海道十勝スマートチーズ」が全国の特産品とコラボレーション -- その美味しさを体験する

japan.internet.com 編集部
2011年10月31日 / 13:00
 
明治は、同社の人気商品「明治北海道十勝スマートチーズ」と全国47都道府県の特産品を組み合わせ、チーズのうまみを更に深め引き出す"究極の食べ合わせ"を紹介する『十勝スマートチーズ×日本うまいもの47撰 驚きの食べ合わせプロジェクト』を展開している。

このプロジェクトは、「明治北海道十勝スマートチーズ」の特徴である"うまみ"を切り口に、その"うまみ"を極めるための食べ合わせを、47都道府県の特産品を対象に、明治と AISSY 株式会社が科学的に分析。その結果導き出された47種類の特産品を中心に「明治北海道十勝スマートチーズ」の新しい「食べ合わせ」を提案している。また、ウェブサイトでは世界三大珍味である「フォアグラ」「トリュフ」「キャビア」の味を再現できる食べ合わせも紹介している。

チーズと一緒に食べるものと言えば、パンやクラッカー、トマト、オリーブ、ハムなど、頭に浮かぶものはあるものの、あまり多くはなく、しかもチーズの食べ合わせは大抵が「洋風」だ。日本全国の特産品と組み合わせた「和」な食べ合わせは試す機会も少なく、興味深い。また、「アボカドと醤油でマグロの味がする」など食べ合わせで意外な食材を再現できるのは楽しいが、「明治北海道十勝スマートチーズ」でどのような体験ができるのだろうか。筆者も、ウェブサイトで紹介されている食べ合わせをいくつか試してみた。
「明治北海道十勝スマートチーズ」が全国の特産品とコラボレーション
「明治北海道十勝スマートチーズ」が全国の特産品とコラボレーション

■ 「あましょっぱさ」がやみつきに -- 粟おこし(大阪府)

大阪名物「粟おこし」は、もち米、うるち米などを細かく砕き、豆類やしょうが、ごまなどを混ぜたものに煮詰めたシロップをかけてのばし、板状に成形して仕上げたお菓子だ。「身を起こし、家を起こし、国を起こす」と、縁起の良いお菓子として親しまれている。

粟おこしそのものはシロップの甘味の中にしょうがの風味が広がり、とても美味しいのだが、「明治北海道十勝スマートチーズ」と組み合わせてみると粟おこしとチーズがお互いの甘味やうまみを引き出しあい、口の中が甘味、うまみでいっぱいになる。その上、しょうがの風味やチーズの塩気がアクセントになり、いま流行りの「あましょっぱい」美味しさを楽しむことができる。食べ始めたら、何個でも食べたくなるほどの美味しさだった。

■ 口の中でほぐれるチーズがコクと甘味を増す -- ういろう(愛知県)

名古屋土産の代表「ういろう」。江戸時代から続く伝統のあるお菓子で、米粉を原料に砂糖と練り合わせて蒸して作られる。「明治北海道十勝スマートチーズ」と一緒に食べると砂糖の甘味に加えて、チーズの甘味やコク、ほのかな塩気が口の中に広がり、豊かな味わいが楽しめる。

加えて、固形のチーズとプルプルと柔らかいういろうの食感の組み合わせも面白い。口に入れた直後は若干不思議な感触だったが、次第に口の中でチーズがほろほろとほぐれ、ういろうと混ざりながら味わいが増していく。この口の中の味わいの変化も楽しめる組み合わせだといえよう。

■ 濃厚な味わいと食べごたえが楽しめる -- 南部せんべい(岩手県)

鍋に入れる程スタンダードとなっている岩手県のソールフード「南部せんべい」。小麦粉と水を原料に作られたせんべいで円形の型に入れて固く焼いて作る。「明治北海道十勝スマートチーズ」と食べた印象は、とにかくチーズのうまみや濃厚な食感が引き立つということだ。南部せんべい自体にはあまり味がなく、塩気を薄く感じる程度なので、プレーンクラッカーに近い印象だ。その南部せんべいの固く粘りのある食感やごま、塩気などがチーズのうまみを引き出してくれるのだ。

南部せんべいの粘りのある食感は食べごたえもあり、子どものおやつや小腹が空いたときなどに最適だろう。

全体的な試食の印象としては、「明治北海道十勝スマートチーズ」のうまみや塩気、酸味は日本のお菓子との相性が素晴らしいということだ。「和菓子はちょっと苦手」という人でも新しい美味しさが発見できるだろう。チーズがもつうまみや塩気、酸味がそれぞれのお菓子のもつ甘味や風味を引き立て、そして更に豊かな味わいを口の中に広げてくれる。食感も、「明治北海道十勝スマートチーズ」がもつ濃厚でありながらほろほろとほどける食感が、それぞれの特産品の邪魔にならず、バランスよくお互いの良さを感じることができ、いくつでも食べられてしまう程だ。

■ 世界三大珍味「キャビア」を再現できるのは、意外な組み合わせ

筆者もなかなか食べる機会がない「キャビア」の美味しさを、「明治北海道十勝スマートチーズ」とある食材の組み合わせで体験できる。その食材が、「いかの塩辛」だ。今回は、折角の機会ということで、実際の「キャビア」と食べ比べてみた。「いかの塩辛」が「キャビア」の味になるとは、意外すぎる組み合わせなのだが、恐る恐る食べてみると、これが本当に「キャビア」に近い美味しさを感じることができる。いかの塩辛に含まれる非常に強い塩気と塩辛独特の風味をチーズがなめらかに和らげてくれ、チーズのうまみがアクセントになってくれる。

なぜこのような組み合わせが「キャビア」の美味しさを再現できるのか。AISSY株式会社によると、キャビアは塩味が非常に強く、また酸味、うまみもある反面、苦みや甘味はほとんどない。味覚の肝になる塩味をいかの塩辛によってチーズに加えることによって、塩辛の塩味とチーズのうまみが相まって、キャビアの深い味わいを再現できるという。

いかの塩辛と言えば、ビールや日本酒と一緒にというイメージが強いが、「明治北海道十勝スマートチーズ」と組み合わせることによってワインなど洋酒との相性も抜群だ。新しいおつまみのレパートリーに加えても良いだろう。


このように、「明治北海道十勝スマートチーズ」が様々な地域特産品や「いかの塩辛」のような意外な食品との相性が良いのは、このチーズがもつ独自の"うまみ"が要因になっている。明治によると、「明治北海道十勝スマートチーズ」は日本人の口にあった"うまみ"と"口溶け"を実現する「うまみ乳酸菌熟成技術」を開発し、他のチーズ商品にはないチーズのおいしさを生み出しているという。日本人の味覚に合わせた"うまみ"を持つチーズだからこそ、日本の特産品と「和のコラボレーション」が実現できるのだ。

今回紹介したものだけでなく、ウェブサイトでは様々な特産品47品と「明治北海道十勝スマートチーズ」のコラボレーションが紹介されている。自分の出身地の特産品や好きな特産品の新しい楽しみ方、そして「明治北海道十勝スマートチーズ」が提案する新しいチーズの楽しみ方を体験してみてはいかがだろうか。
『十勝スマートチーズ×日本うまいもの47撰 驚きの食べ合わせプロジェクト』のウェブサイト
『十勝スマートチーズ×日本うまいもの47撰 驚きの食べ合わせプロジェクト』のウェブサイト
【関連記事】
季節の変わり目の風邪予防は林檎×ヨーグルト―仕事疲れにも効くレシピ「ヨーグルトフォンデュ」
濃密プリン「明治 Dolcia」の試食会に約4,000人の列―軍配が上がった味は“生クリーム”と“チョコレート”のどちら?
明治、『スMart族』流の新しいスマートチーズの楽しみ方を体験するイベントを開催
iPad アプリ「毎日新聞 号外」、100年前の号外を収録
明治安田生命、東日本大震災の保険金管理に Force.com を採用

関連キーワード:
食材
 
乳酸菌
 
ビール
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites