Marketing

マーケティング

プレミアムビール・スキンシップが夫婦円満のコツ?夫が妻に求める「愛情・ねぎらい」の理想とは?-- 既婚男女1200人調査

japan.internet.com 編集部
2011年10月17日 / 11:00
 
来月、11月22日は『いい夫婦の日』。日本中の夫婦に一層素敵な関係を築いて欲しいという考えで1988年に提唱されたもので、夫婦がお互いを見つめあい、絆を深める日とされている。

企業研修やコンサルティングを行う株式会社DELICE ベターライフ&ワーク研究所は、この『いい夫婦の日』を前に、夫婦生活の意識・実態調査を実施した。その結果、夫婦の間の愛情やねぎらいの表現に関する意識に、大きなギャップがあることが明らかとなった。

調査対象は、全国の20歳から49歳の既婚男女1,200名。男女比は均等で、20代、30代、40代が各400名ずつ。調査方法はインターネット調査による。

● 夫への愛情表現、「妻がしていること」と「夫が求めているもの」に差が

「夫に愛情を伝えたり、ねぎらったりしているか」という質問では、妻の80.7%が、日頃から夫に対し愛情を伝えたり、「ねぎらったりしている」と回答。一方、夫の54.5%が、今以上に、愛情やねぎらいの表現をして欲しいと考えていることがわかった。妻は夫に十分愛情・ねぎらいを伝えているつもりであるにもかかわらず、半数以上の夫が、妻の愛情やねぎらいに飢えている現状があるといえる。妻が現在行っている愛情・ねぎらいの表現方法では、あまり夫に愛情が伝わっていないものと考えられる。
夫婦の間の愛情やねぎらいの表現に関する意識には微妙な差が
夫婦の間の愛情やねぎらいの表現に関する意識には微妙な差が

「妻が普段夫に対し行っている愛情やねぎらいの伝え方」は、1位が「楽しく雑談・おしゃべりをする」、2位が「手の込んだ手料理を作る」、3位は「感謝・ねぎらいの言葉をかける」という結果となった。

一方、「夫が普段なかなかしてもうことがないけれど、妻にされると嬉しいこと」は、1位が "服""時計"などの「プレゼントをもらう」、2 位が「手料理をつくってもらう」、3 位は"プレミアムビールが用意してある""お酌をしてもらう"など、「ちょっと特別な晩酌」となった。また、"肩もみ"などの「マッサージ」、"キス""ハグ"などの「スキンシップ」が上位にはいる結果となっている。
「愛情やねぎらいの気持ちを伝える方法」として、妻がしていること、夫が求めていること
「愛情やねぎらいの気持ちを伝える方法」として、妻がしていること、夫が求めていること

夫婦それぞれの回答から、妻の行っている愛情・ねぎらい表現と夫の求めることとの間には、微妙な差があることがわかった。妻が現在行っていることだけでは、愛情・ねぎらいの気持ちが夫に伝わっていない可能性があるかもしれない。

● 少しの出費と日常的な心配りが夫にとっての『癒しの時間』に

ちなみに、夫に愛情やねぎらいを伝えるためにかけてもいいと思う"夫のねぎらい価格"について妻に聞いたところ、週に1,000 円未満と考える人が50%をしめる結果となった。小額であれば、普段の生活費に追加して夫をねぎらうための出費をしてもいいと考える女性は多いようだ。
夫に愛情やねぎらいの気持ちを伝えるためにつかってもいいと思う金額(妻の回答)
夫に愛情やねぎらいの気持ちを伝えるためにつかってもいいと思う金額(妻の回答)

妻が普段ねぎらいや愛情を伝える方法として認識していない、「服や時計のプレゼント」、「プレミアムビールやお酌など、ちょっと特別な晩酌」、「肩もみなどのマッサージ」、「キスやハグなどのスキンシップ」は、夫により愛情やねぎらいを感じてもらうための方法として効果的なもののひとつだと考えられる。さらに、出費が週1000円未満であれば、妻も頻繁に実践しやすいものといえよう。

また調査では、夫は何か特別なことがあった時だけではなく、「日常的に」「頻繁に」妻から愛情を伝えてもらったり、ねぎらってもらったりしたいと考えているという結果も出ている。夫の帰宅後、日常的に、愛情やねぎらいの気持ちを伝えるための心配りをすることが、夫に喜んでもらうための方法だといえそうだ。

さらに、「妻から愛情やねぎらいとしてかけてほしい言葉」について、夫に自由に回答してもらったところ、最も多かったのが『お疲れさま』『ご苦労さま』などのねぎらいの言葉が多く挙がった。ささやかな一言が、夫にとっては大きな"癒し"になっているのだ。
妻から愛情・ねぎらいとしてかけてほしい言葉
妻から愛情・ねぎらいとしてかけてほしい言葉

このような結果から、夫は頻繁・日常的に愛情やねぎらいの気持ちを伝えてほしいと思っており、妻も週1,000円未満の出費であれば惜しまないことが分かった。"夫が秘かに願っていること"を"週1000 円未満"で"帰宅後に頻繁に叶える"ことができる方法として、「プレミアムビールなどのちょっと特別なお酒」や「肩もみなどのマッサージ」を、「お疲れ様」という言葉と共にあげる『癒し時間』のプレゼントが、夫に愛情・ねぎらいの気持ちを伝えるための秘訣であるといえそうだ。

● 妻の愛情やねぎらいの気持ちは、家族を幸せにする

このような方法で、妻の愛情やねぎらいの気持ちが夫に伝わると、夫婦にどのような効果があるのか。夫に対して行った質問では、74.5%の男性が「夫婦の関係が良くなる」と回答した。また、「家族仲が良くなる」「子どもによい影響が与えられる」と回答した人も多く、妻から夫への愛情・ねぎらい表現は、夫婦仲だけでなく家族を幸せにする効果があることがわかった。
妻から愛情やねぎらいを感じると、どうなりますか?
妻から愛情やねぎらいを感じると、どうなりますか?

また、「仕事のモチベーションが上がる」「明日も頑張ろうと思う」と回答した人もそれぞれ45%以上にのぼるなど、妻から夫に愛情・ねぎらいの気持ちを伝えることは、夫の仕事力のアップにもつながるものと考えられる。

● 幸せな夫婦になるための"秘訣"は「プレミアムビール」や「スキンシップ」

このような結果を受けて、調査を行ったベターライフ&ワーク研究所では「幸せ夫婦になるための"秘訣"」を提案している。ひとつは、「『おつかれさま』の一言を、さりげなく&頻繁にくり出す」こと。もうひとつは、「『プレミアムビール』などの、いつもよりちょっといいお酒を用意する」、「マッサージやキス、ハグなどのスキンシップで夫との距離を近づける」など、夫を癒すための"ワザ"を実践してみることだ。

ちょっとした工夫・少しの投資でも、日常生活の中で夫にもっと愛情・ねぎらいの気持ちを伝えることができる。そして、それが幸せな夫婦生活や家族の愛情を育てるひとつの手段となるといえよう。
【関連記事】
おとな世代夫婦の食卓事情に変化 -- ファミリーマート「おとなコンビニ研究所」調べ
前向きに家事に取り組む「ポジ家事」、ポイントは『夫の家事貢献』と『前向きになれる香り』
人気の「糖質オフ・ゼロ」のビール類、しかし味には不満 夫婦の希望は濃い味 -- トレンド総研調べ
夫婦対決、ネット投票、コンピューター予想・・・ボートレース「笹川賞」の楽しみ方
お金に関する夫婦ゲンカ、経験は?−アイシェアが家計管理に関する実態調査を実施

関連キーワード:
ビール
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites