Marketing

マーケティング

前向きに家事に取り組む「ポジ家事」、ポイントは『夫の家事貢献』と『前向きになれる香り』

japan.internet.com 編集部
2011年9月26日 / 17:00
 
ライオンが展開している「CHARMY 泡のチカラ ポジ家事プロジェクト」は、「ポジ家事」(家事をポジティブにおこなうために工夫すること)の実態とその効果を調べることを目的として、25〜39歳の既婚女性500名に「家事に関する意識・実態調査」を行った。その結果、「ポジ家事」を実践している人は6割と多く、また「ポジ家事をしている人」は「ポジ家事をしていない人」に比べて、心身の若々しさを実感している人や夫婦関係を円満に感じている人が多いことが明らかとなった。

ライオンが新発売した台所用洗剤「CHARMY 泡のチカラ」は、天然アロマオイルを配合し、スポンジで泡立てた瞬間から心地よく広がる豊かな香りが特長。香りのラインナップは、『オレンジアロマの香り』、『ローズアロマの香り』、『アップルアロマの香り』の3種類で、しつこい汚れをサッと落とすたっぷりの泡と、天然アロマオイル配合の香りで、気が重く感じる食器洗いを心地良くすることができる。

● 主婦の6割が家事を前向きにするための工夫「ポジ家事」を実践

まず、「家事は好きですか?」という質問に対しては半数以上が「好き」(55%)と答えた。「家事は面倒で大嫌いだ」と考える人が多数派かと思いきや、意外とそうでもないらしい。その理由としては、「自分の存在価値を実感できるから。(31歳)」、「家族のために動いているのが楽しい。(35歳)」、「やったことによって主人が喜んでくれるのが気持ち良い。(34歳)」、「やりがいがあるから。(28歳)」などの意見があがり、家族が喜んでくれることが嬉しかったり、家事自体にやりがいを感じている人が多いようだ。

ちなみに、「自分の家事を月給換算するといくらですか?」という質問に対して、平均は「11万8700円」。これは、2010年の大卒初任給19万7400円(厚生労働省の賃金構造基本統計調査)の約半額であり、このことからも、「家事をつらい仕事」として捉えている人は少ないと言える。

そして、「家事をポジティブにおこなうために、工夫していることはありますか?」という質問には56%が「ある」と回答。妻の6割が家事をポジティブにするために工夫する、「ポジ家事」をおこなっていることがわかった。家事が好きな人が多い背景には、この「ポジ家事」が大きく影響していそうだ。
家事をポジティブにおこなうために、工夫していることはありますか?
家事をポジティブにおこなうために、工夫していることはありますか?

● 「ポジ家事」によって効率よくスッキリと家事をこなす

妻の6割がおこなっている「ポジ家事」だが、「ポジ家事」を実践することで何かメリットはあるのだろうか。

「ポジ家事をしている人」と「ポジ家事をしていない人」で比較調査をしたところ、「している人」の80%が「効率的に家事をしていると思う」と答えたのに対して、「していない人」は54%。同様に、「している人」の68%が「家事をしていて気持ちいい」と答えたのに対して、「していない人」は39%。「ポジ家事」によって家事を効率よくスッキリとこなせる傾向があるようだ。

さらに、「ポジ家事をしている人」は「ポジ家事していない人」と比べて、「自分は若々しいと思う」「肌ツヤが良いと思う」と答えた人の割合が高いことがわかった。「ポジ家事」は、家事を前向きかつ効率的にこなしているためか、心身に充実感を与えているようだ。この心身の充実感が、「肌ツヤ」をはじめとする「心身の若返り」にまでつながるのかもしれない。
自分は肌ツヤが良いと思いますか?
自分は肌ツヤが良いと思いますか?

● 「ポジ家事」は夫婦円満の秘訣?

「ポジ家事」をすることは、「家事の効率化」などに加え「心身の若返り」にまでつながる可能性が高いことがわかったが、「夫」には何か影響があるのだろうか。

次に「夫の家事貢献」や「夫婦円満の意識」について行った調査では、「ポジ家事をしている人」は、「ポジ家事をしていない人」と比べて「夫の家事貢献度」や「夫婦円満度」も高い結果となった。「ポジ家事をしている人」は93%と、そのほとんどが「自分達は夫婦円満だと思う」と答えている。
夫は家事に積極的だと思いますか?
夫は家事に積極的だと思いますか?

妻の「ポジ家事」は夫の家事への積極性を高め、これによって相互の信頼感が生まれていると思われる。「ポジ家事」は、夫婦仲を円満にする上で、重要な役割を果たしてくれそうだ。

● 「ポジ家事」で重要なポイントは「夫の家事分担」と「家事をするときの香り」

この点に関して、心理学者で臨床心理士の植木理恵氏は、『ポジティブな意識に一番悪影響を与えるのは「孤独感」。「孤独感」が高まると、ひいては「集中力」にも悪影響を及ぼす。家事を夫と分担し、家事に対する「孤独感」を排除することはとても大切だ。そして、もう1つ大切なのが家事をする際の「香り」(アロマ)。自分にとって良い香りのものであれば脳に良い影響を与え「過去の良い記憶」を思い出す傾向にあり、気持ちをポジティブに変化させてくれる。家事の中では、食器洗いや掃除の際に利用する洗剤は様々な香りの種類があるので、意識的に自分にとって良い香りのものを選ぶと良いだろう。』とコメントを寄せている。

実際に、今回の調査で「家事をおこなう上で"香り"(アロマ)は重要な要素だと思いますか?」という質問に対して72%が「そう思う」と答えている。「ポジ家事」のポイントは「夫との家事分担」と「香り(アロマ)」にあると言えそうだ。
【関連記事】
「頭痛のタネ」を食べる「バファリス」が Twitter に
日本・アジアの小学生22,000名がネットで参加―ライオンが「第68回学童歯みがき大会」を開催
独男は独女よりもキレイ好き、トイレはもはや”自分の部屋”?−ライオン調べ
受験シーズン到来、試験中に一番不安なことは?−−ライオンが調査結果を公開
ライオン、3D 対応テレビ「ブラビア」などが当たるプレゼントキャンペーンを開催

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites