Marketing

マーケティング

節電で暗いオフィスがもたらす意外な悪影響とは? -- 参天製薬調べ

japan.internet.com 編集部
2011年8月24日 / 18:30
 
東日本大震災後に初めて迎えた夏が過ぎつつある中、企業や家庭では節電への取組みが進み、消費電力は大きく削減することができ、大規模停電や計画停電の復活は回避することができそうな状態だ。しかし、節電によって空調を抑え、暗くなったオフィスでは、暑さ以外にも身体に思わぬ影響を与えているようである。

疲れ目の改善や眼病予防に効果のある有効成分を含んだ目薬「サンテドウ プラスEアルファ」を発売している参天製薬は、首都圏(一都三県在住)に在住でオフィス勤務の20〜49歳の女性3,689名に対して「オフィスの節電と疲れ目に関する実態調査」を実施し、結果を公開した。

「サンテドウ プラスEアルファ」は、目の神経機能を回復させるビタミンB12をはじめ、目のピント調節機能を改善するネオスチグミンや抹消血管の血流を良くする天然型ビタミンEなど5つの有効成分を配合し、目の疲れの改善や眼病予防などに効果的な目薬だという。

● オフィスでの節電、約半数が「オフィスを暗くしている」

まず、各企業での節電の実態について聞いた質問で、最も多かったのは「エアコンの設定温度を高めに設定している」で82%となった。以下、「オフィス以外のスペースの照明を暗くしている」(68%)、「オフィスの照明を暗くしている」(56%)、「就業時間を変更している」(10%)、「省エネ機器を使っている」(7%)と続いている。エアコンによる節電に次いで、照明の節電を実施している企業が多いようだ。

そして、この質問で「オフィスの照明を暗くしている」と回答した500名に対して「照明の節電について具体的におこなっていること」について聞いた質問では、「使う照明の数を制限している」が95%と最も多く、次いで「照明をつける時間帯を制限している」が35%で、「手元照明を使うようにしている」という人も7%いた。

また、「使う照明の数を制限している」と答えた回答者に、「節電前と比べて、オフィスの照明は何割くらい制限していますか?」と聞いたところ、「3割程度」と答えた人が最も多く36%。以下、「2割程度」と「5割程度」が同率で21%、「4割程度」(12%)、「6割程度」(2%)と続いた。明らかに普段より暗いオフィスで仕事に取り組んでいるようである。

● "暗いオフィス"の悪影響 〜 眼や身体の疲れ、士気の低下、トラブルも

では、こういった節電による「暗いオフィス」で働く人には、どのような影響があるのだろうか。

「オフィスの照明を暗くしている」と回答した500名に行った「節電でオフィスの照明が暗くなったことによる変化は何ですか?」という質問に対して、最も多かったのは「疲れ目を感じる頻度が増えた」(38%)という回答だった。また、「周りで疲れ目を感じている人が増えた」と答えた人も31%を占め、節電により暗くなっているオフィスでは、普段よりも目が疲れやすくなっているようだ。この他には、「体が疲れやすくなった」(28%)、「仕事の効率が落ちた」(23%)、さらには、「会社に行くのが億劫になった」という人も16%いた。暗いオフィスが目や身体の疲れやモチベーションの低下に繋がっていることがわかった。
節電でオフィスの照明が暗くなったことによる変化は?
節電でオフィスの照明が暗くなったことによる変化は?

また、「オフィスの照明が暗くなったことでのトラブル・失敗」について聞いた質問には、「パソコンのディスプレイが眩しい。(31歳)」、「文書が読みづらい。(24歳)」など、やはり「疲れ目」の原因となりうる回答が多く挙がっている。その他にも、「暗くて人とぶつかりそうになった。(38歳)」、「暗くて営業していないのではないかと思われた。(48歳)」、「窓口に来たお客様から『暗すぎる』と苦情があった。(30歳)」など仕事に様々な影響をもたらしているようだ。

● 暗いオフィスの「疲れ目対策」、実践しているのはわずか15%

調査では次に、オフィスに様々な影響をもたらしている「照明の節電」の影響で最も大きい「疲れ目」についてさらに調査を行っている。

「節電でオフィスの照明が暗くなったことによる疲れ目の対策をおこなっていますか?」と聞いた質問では、「おこなっている」と答えた人はわずか15%に留まった。また、「オフィスの照明が暗いことに対するあなたの『疲れ目対策』は十分だと思いますか?」という質問にも、69%と7割が「十分ではない」と回答している。暗いオフィスで目の疲れを感じる人が多い一方で、その対策が十分に取れている人は意外にも少ないようだ。

一方、「疲れ目対策」をおこなっている人を対象に、具体的にはどのような対策をとっているかを聞いた質問では、最も多かったのは「目薬を使う」で89%。以下、「目のマッサージをする」(43%)、「定期的に目を休める」(36%)、「目を温める」(26%)と続いている。最も支持を集めた「目薬」は、場所や時間を問わず誰にでも手軽に利用できる手段として人気の「疲れ目対策」となっているようだ。
オフィスが暗くなったことによる疲れ目の対策に行っていることは?
オフィスが暗くなったことによる疲れ目の対策に行っていることは?
【関連記事】
Oracle VM 3.0は、管理自動化と集中管理にフォーカス、節電対策も
節電のオフィスで気になる男性社員の「ニオイ」、女性社員の意識は? -- セーレン調べ
消費者の『エコカー』の定義に変化、「3低」がクルマ選びの基準に -- マイボイスコム調べ
「インターバル速歩」と「ヨーグルト」 -- 猛暑続く夏、熱中症予防に効く2つの生活習慣
DNPソーシャルリンク、節電意識を高めるスマホ アプリ「節電計」

関連キーワード:
目の疲れ
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites