Twitter、タイムラインに広告「プロモツイート」の表示を開始
矢印図
米国 Twitter は2011年7月28日、ミニ Blog サービス「Twitter」のタイムライン(一連の投稿表示画面)中に広告として表示するツイート「Promoted Tweets(プロモツイート)」を導入すると発表した。ユーザーのフォローしている企業や団体、著名人の広告を、そのユーザーのタイムライン上部に掲載する。

プロモツイートは、通常のツイートと区別できるよう専用アイコン「→」(右上図を参照)を付与する。表示位置は、時間とともに下がっていく。また、1回クリックすればタイムラインから削除できる。

現在プロモツイートを利用する予定の企業は、米国 Dell や米国 Microsoft、米国 Groupon など。米国赤十字社などの非営利団体もプロモツイートを使う。

Twitter、タイムラインに広告「プロモツイート」の表示を開始
プロモツイートの表示されたタイムライン
*クリックして拡大