Marketing

マーケティング

レモン、ジンジャーエール、柚子茶・・・女性がお家で楽しむ「ハイボール」のアレンジあれこれ

japan.internet.com 編集部
2011年6月22日 / 16:00
 
「おうち○○」という言葉が流行しているように、自分の部屋でお酒や食事、趣味などを楽しむライフスタイルが広がっているが、女性は自宅でどのようにお酒を楽しんでいるのだろうか。「トリス〈エクストラ〉」(300ml)を発売したサントリー酒類は、21歳から39歳までのお酒好きの女性105名に対して「家で飲むお酒に関する意識調査」を行った。

● お家でお酒を楽しむ女性、自分で作るお酒のアレンジに自信あり!

調査結果によると、「家でお酒を飲む時、自分でお酒を作ることはありますか?」という質問に対して35%が「よく作る」と答え、「時々作る」と答えた48%をあわせると83%が「自宅でお酒を作る」と回答した。また、どのようなときにお酒を自分で作るかという質問に対しては、「家族や、お友達とのホームパーティーで。(35歳)」、「女子会を家で開催する時。(29歳)」、「じっくりまったり飲みたい時。(22歳)」などの回答が見られ、友人、家族など大勢の人が集まってお酒を飲む機会に自分で作るという人が多いようだ。

また、「自分でお酒を作るメリット」について聞いたところ、「(お酒を)好みの濃さにできる」(76%)、「好みのアレンジが可能」(74%)などの意見が多く、以下「経済的である」(44%)「本格的な味が楽しめる」(21%)「作るのがオシャレ」(14%)と続いた。経済的な理由よりも、自分好みのお酒を自由にアレンジできることに対してメリットを感じている人が多いようだ。そして「美味しいお酒を自分で作る自信はありますか?」という質問に対しては、61%が「ある」と回答。お酒を自分で作っている女性は自分好みのアレンジを楽しんでいることが伺える。
自宅でお酒を作るメリットは何ですか?
自宅でお酒を作るメリットは何ですか?

● カクテルのような感覚で「ハイボール」を楽しむ

調査では、今回サントリー酒類が発売した「トリス〈エクストラ〉」(300ml)で女性105名にハイボールを作って飲んでもらい、その感想を聞いている。新発売した商品は、ハイボールが約10杯楽しめる300ml サイズで、そのすっきりとした味わいは「食事との相性が良い」、「飲みやすく、割り物によって味の幅がある」など、ウィスキーに馴染みの薄い20代や女性などにも好評だ。

まず、「最もおいしかったハイボールの飲み方は?」という質問で一番人気だったのは、「ソーダ割り+カットレモン」で30%。その理由としては、「甘くなくさっぱりしている。(36歳)」、「さっぱりしていて、食事とあわせて飲むのにも良いと思った。(30歳)」などの感想が挙がった。以下、「ジンジャーエール割り」(25%)、「コーラ割り」(20%)、「ソーダ割り」(18%)と続いている。
最も美味しかったハイボールの飲み方は?
最も美味しかったハイボールの飲み方は?

またその他にオススメの飲み方について聞くと、「ソーダ割り+生キウイ果肉。(36歳)」、「ソーダ割り+生グレープフルーツ。(25歳)」、「柚子茶割り。(35歳)」、「紅茶割り。(30歳)」、「ジンジャーエール割り+生しょうが。(34歳)」、「ソーダ割り+お酢。(36歳)」などユニークな飲み方が挙がり、まるでカクテルのように自分好みの様々なアレンジを楽しんでいるようだ。

このような自由なアレンジで楽しめるハイボールについて、家で飲みたいシーンを挙げてもらった質問では、「皆でワイワイ盛り上がりたい時。(22歳)」、「友人宅でパーティをした時や、バーベキューの時。(37歳)」などの回答が多く、友人、家族が集まり楽しく飲みたいときに選びたいお酒と言えそうだ。

● 男性のホンネは「彼女(奥さん)にお酒を作ってほしい」


では、男性は今回の調査回答者に多い「お酒を作れる女性」をどのように見ているのだろうか。調査では20歳から34歳までの男性100名に同様の意識調査を行っている。「自分で美味しいお酒を作ることができる女性のイメージ」について聞いた質問では、「大人である」(41%)、「女性らしさを感じる」(33%)、「かっこいい」(25%)などが上位にあがり、「異性からモテる」(23%)、「女子力が高い」(20%)といった回答が続いた。「女性らしさ」を感じる人が多い結果となり、好意的なイメージを抱く男性が多いようだ。
自分で美味しいお酒を作ることができる女性のイメージは?
自分で美味しいお酒を作ることができる女性のイメージは?

ちなみに、「家でお酒を飲む際に、彼女(奥さん)にお酒を作ってもらうことはありますか?」と聞くと、「よく作ってもらう」と答えたのはわずか10%。「あまり作ってもらわない」が24%、「全く作ってもらわない」が42%と高く、作ってもらえる男性は小数派だ。一方で、「彼女(奥さん)に、お酒を作ってもらうと嬉しいですか?」と聞いたところ、93%が「嬉しい」と答え、男性の本音としては、彼女や奥さんにお酒を作ってほしいと感じている人が多いようだ。
【関連記事】
(VRI コラム) 「サントリー 希望の歌バトンリレー」のストーリー
「ザ・プレミアム・モルツ」にカメラをかざすと、マーチングバンドがあなたのために演奏スタート!――サントリーが AR 技術を活用した iPhoneアプリを公開
サントリー、mixi アプリ「サントリーみんなのまち」を公開
【ad:tech tokyo】 商品の「本質的な価値を探る」−サントリー「伊右衛門」の誕生秘話からわかること
この歳で、ドキドキするのは恋じゃない −サントリー食品の iPhone アプリ「血圧おやじの健康帳」が凄い

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites