Marketing

マーケティング

メイク崩れに不安な夏にピッタリな「クール美s」、キーワードは瞳の黄金比率1:2:1

japan.internet.com 編集部
2011年6月20日 / 17:00
 
より多くの人に支持される健康で魅力的な瞳を「輝く瞳」と定義し、瞳の魅力に関する様々な情報提供を行なっている『輝く瞳』推進委員会は、全国の20歳〜34歳の女性1000名を対象に「夏のメイクに関する意識調査」を実施し、結果を公開した。

今年の夏は、節電の影響もあり暑さを一層厳しく感じることになりそうだが、女性にとって夏場に最も気になる「メイク崩れ」に関して女性はどのように感じているだろうか。夏場のメイクに対する意識を聞いた質問では、「猛暑によるメイク崩れ」が心配だと答えた人の割合は全体の78%にのぼった。また、今年の夏は「暑苦しいメイクを避けたい」という声も93.4%と回答者のほぼ全員となり、これからの暑い季節をどのようなメイク対策で乗り切るかは、女性の大きな関心ごとのようだ。
猛暑によるメイク崩れが心配ですか?
猛暑によるメイク崩れが心配ですか?

ナチュラルメイクや化粧をしない「すっぴん」の状態で一番気になることについて聞いた質問では、「顔の印象が薄くなる」(44%)、「目ヂカラがなくなる」(40%)など、はっきりとした顔立ちが保てなくなるという悩みが寄せられている。また、涼しく過ごせてかわいく見えるメイク方法に興味のある女性の割合は91%と高く、せめて顔だけでもクールに過ごしたいという意見が多いようだ。暑苦しいメイクを控えながらも、かわいらしさを保ちたいという女性たちにとっては、顔の暑さ対策と顔の印象を保つという二つのバランスをとることが難しい課題となっていることが分かった。
ナチュラルメイク、もしくは「すっぴん」のときに気になることは?
ナチュラルメイク、もしくは「すっぴん」のときに気になることは?

このような課題に対して、『輝く瞳』推進委員会ではナチュラルメイクなど顔の暑さ対策と目ヂカラのアップによる顔の印象アップを両立する「クール美s」を提案している。日本人の瞳の白目と黒目の比率は「1:1.5:1」と言われているが、同委員会の調査では平均より黒目が大きい「1:2:1」の比率に女性の人気が集まり、このような「パッチリ大きな目」は男性からも好意的な意見が多いそうだ。
瞳の比率が「1:2:1」のほうが、顔がかわいらしい印象に
瞳の比率が「1:2:1」のほうが、顔がかわいらしい印象に

同委員会では、このような瞳の白目と黒目の比率が「1:2:1」のパッチリと大きな瞳を「瞳の黄金比率」としており、顔の印象アップに不安を感じるナチュラルメイクやすっぴんの状態でも目ヂカラのアップや顔のかわいい印象を与えることができるという。

なお、『輝く瞳』推進委員会のウェブサイトではこの「瞳の黄金比率」に対する専門家の声や調査レポート、瞳の黄金比率を測定できるモバイルコンテンツなどを公開している。
『輝く瞳』推進委員会のウェブサイト
『輝く瞳』推進委員会のウェブサイト
【関連記事】
花粉対策グッズ難民はなぜ発生しない―人知れず活躍する購買データと「データウェアハウス」に迫る
ネットショップ構築サービス「MakeShop」が「PayPal」に対応
Infoseek 検索キーワードランキング (2010/08/17〜08/23)
ウェザーニュース、携帯メールで“猛暑”を事前に通知するサービス
ソニー、好奇心を呼び覚ます球体「dot port」を Web とリアルで公開

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites