Marketing

マーケティング

結婚式は「おもてなし」「絆」を重視する傾向へ−モエ・エ・シャンドン調べ

japan.internet.com 編集部
2011年5月31日 / 19:30
 
シャンパンブランドのモエ・エ・シャンドンは、ジューンブライドである6月を直前に控え、ウェディングパーティーの一番最初に行うセレモニー“乾杯”に関する意識調査を20代〜30代の女性1,546人に対して実施した。

● 結婚式は「おもてなしの心」を重視する傾向に

結婚情報誌「ゼクシィ」ブランド編集長の伊藤綾氏によると、従来型のウェディングパーティーは両家の為、自分達の為に行ってきたが、ここ数年は招待される“ゲスト”を主体にし、よりおもてなし感を大切にする傾向が顕著に見られるようになっているという。

ウェディングパーティーのオープニングセレモニーとなる乾杯時の写真の撮り方にもその変化が表れており、今までは“乾杯”の写真は新郎新婦の正面から、二人が“乾杯”している様子を撮影するのが一般的だったが、最近の“乾杯”の写真は、新郎新婦が座っている席(高砂)の後ろから、ゲストと新郎新婦が一緒に乾杯しているシーンを撮影することが増えてきているそうだ。

● ”乾杯”で両親に最大の感謝の気持ちを伝える


そんな”乾杯”のセレモニーは、まず最初にウェディングパーティーの会場に一体感を演出できるため、祝福と感謝を表現するのに最適なセレモニーだが、そんな“乾杯”のシーンで、花嫁が一番気持ちを捧げたいのは「両親」という回答が56.7%と最も多く、以下結婚相手である「新郎」が24.4%、「友達」が8.8%となった。過半数以上の女性にとって”乾杯”のときは、いままで育ててくれた両親への“感謝”の気持ちで溢れている瞬間なのだ。
ウェディングパーティーでの”乾杯”、一番感謝を伝えたい相手は?
ウェディングパーティーでの”乾杯”、一番感謝を伝えたい相手は?

また、「あなたがウェディングの際に最も乾杯したいと思う(もしくは、乾杯した)お酒は何ですか。」との質問には86.5%の女性が、「シャンパン」と回答。ほとんどの女性が、ウェディングには「シャンパン」での乾杯を考えているようだ。ウェディングパーティーが、ゲストへのおもてなしの場という意識が高まるとともに、乾杯が感謝の気持ちを表現するのに重要なイベントであるという理解から、それにふさわしいお酒としてシャンパンを選びたいと考えている人が多いと考えられる。

● 『絆』を大切にした結婚式は今後も増加へ

伊藤氏は、今回の調査結果について「ウェディングに出席してくれているゲストに『感謝をしたい』『おもてなしをしたい』という気持ちを込めたいと思う人が非常に増えているのが最近の傾向だ。また、『乾杯で最も感謝の気持ちを捧げたいのは、自分を育ててくれた両親』と答える人が多いように、家族への『感謝』や『絆』、またゲストへの『おもてなし』の気持ちを大切にしたいと考える人は今後も増えていくだろう」とコメントしている。

ちなみに、「モエ・エ・シャンドン」は18世紀半ばのフランスでモエ家とシャンドン家の結婚によって誕生したことで知られており、実はウェディングにゆかりの深いブランドだ。今年のジューンブライドも多くの結婚式場でモエ・エ・シャンドンのシャンパンで感謝の気持ちに満ちた”乾杯”が行われることだろう。
【関連記事】
結婚式の招待状で迷ったら…「wedding invite love」
YouTube のロイヤル ウェディング生中継、7,200万ストリーミング
YouTube、英国の「ロイヤル ウェディング」を生中継
ふたりで撮った写真を世界でひとつだけの想い出に−「モエ・エ・シャンドン」が期間限定コンテンツを公開
結婚式グッズに特化した手作り品マーケットプレース「Wedzu」

関連キーワード:
ゼクシィ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites