Marketing

マーケティング

日本でもニーズが高まる中国語、でも「勉強続かない」の”ナゼ”− WEIC 調べ

japan.internet.com 編集部
2011年5月31日 / 08:30
 
ビジネスのグローバル化に伴い、英語をはじめとする語学学習に意欲を示すビジネスパーソンが増えている中、働く女性は「語学力」に対してどのような意識を持っているのだろうか。言語教育に特化した e ラーニングシステムの開発・販売を手掛ける WEIC は、22〜29歳の有職者女性500名を対象に「語学に関する調査」を実施した。

なお、同社で開発しているオンライン型中国語学習システム「超速中国語」シリーズは、子どもが言語を習得するプロセスを、ソフトウェアを用いて短期間で再現した学習システムで、通常は120〜200時間の学習を要すると言われる中国語検定試験4級に、最短65時間で合格することができる力が付けられるという。

大手企業を含め200社以上に導入されており、ゼロから学習を開始しても、修了後には中国への出張や赴任時に、現地の人とコミュニケーションを取れるレベルまで到達できるようになるそうだ。早稲田大学では教材にも採用されており、受講者の97%が約2ヶ月半の学習期間で中国語検定試験4級に合格している。

● 語学は女性の武器 「語学力は年収アップに繋がる」58%

調査ではまず、企業で働く女性たちに「語学力を高めることは、自身のキャリアにおいてアドバンテージになると思いますか?」と聞くと、81%が「思う」と回答した。また、「語学力を高めることは、年収アップにつながると思いますか?」という質問にも、58%が「思う」と答えた。グローバル化が進む現代のビジネスシーンにおいては、語学力がひとつの武器になると考えている女性が多いようだ。

また、社会人になってから外国語の学習をしたことがあるかを聞くと、33%と3人に1人が「ある」と回答。勉強の動機としては、「外国のお客様と接する機会が多い職場だから。(26歳・東京都)」など仕事の現場で必要という理由のほか、「海外の言語が分かれば情報収集力が飛躍的にアップすると考えたから。(28歳・神奈川県)」、「職を選ぶ幅が広がるから。(29歳・愛知県)」といった、自身の仕事の幅を広げたいという回答も多くみられた。

語学力は職種、業種に関係なく活かせる基礎能力であり、外国語に強いということは仕事の現場、キャリアアップ、年収アップなど社会人として企業社会で生きていく様々な場面でアドバンテージがあるのだ。

● 学習経験は「英語」6割、これからの需要は「中国語」7割

それでは、働く女性たちはどのような外国語を習得したいと思っているのだろうか。まず、「これまでに勉強したことがある語学」を聞くと、トップは「英語」で61%と大多数となった。以下、2位「中国語」(18%)、3位「フランス語」(13%)、4位「ドイツ語」(11%)と続いた。英語は公用語にしている国が多いだけでなく、アジア各国も英語学習に力を入れているため、現地語がわからなくても英語でコミュニケーションが取れる場合があるため、支持を得ているものと思われる。

しかし、「今後、日本での需要が高くなると思う外国語」を聞くと1位と2位が逆転し、「中国語」(72%)が「英語」(68%)を上回る結果となった。 また、「今後、世界的にビジネスシーンでの需要が高くなると思う外国語」としても、「中国語」という回答が67%と最も多かった。
今後日本で需要が高まると思う外国語は?
今後日本で需要が高まると思う外国語は?

実際に、「これまでに、中国人と仕事をしたことがありますか?」と質問したところ、33%と3分の1が「ある」と回答。また、「日本でも、ビジネスシーンでの中国語での需要は増えると思いますか?」という質問には、88%が「思う」と答えた。中国が世界経済の中心的存在となりつつある中、中国市場でのビジネス展開や中国のビジネスパーソンとのコミュニケーションを円滑にしたいという意識が高いことがわかる。

● 大多数が「中国語の勉強続かない」、背景に「忙しさ」と「言葉の壁」


「これまでに、中国語を勉強したことがありますか?」という質問には、24%と5人に1人が「ある」と回答した。また、機会があれば中国語を勉強したいかを聞くと、49%とほぼ半数が「したい」と答えた。今後の需要が見込まれる中国語に対して、働く女性たちの学習意欲はかなり高いようだ。

しかし、中国語を勉強したことがあると答えた女性たちに、「現在、中国語の勉強を続けていますか?」と聞くと、「続けている」と回答したのは、わずか10%。今後のビジネスシーンにおける中国語の必要性は感じつつも、実際には勉強が続かないという人が多いようだ。

そこで、「中国語の勉強が続かなかった」と回答した女性に、その理由を複数回答で聞いてみると、「勉強する時間的な余裕がないから」(39%)、「中国語に触れる機会が少ないから」(35%)、「習得が難しいから」(27%)、「(スクールなどの)勉強する場が少ないから」(11%)などが上位にあがった。中国語に興味を持ちながらも、忙しさのために時間が作れないでいる人や、中国語自体が「難しい」「身近でない」など、中国語に対する「壁」を感じている人が多いようだ。
中国語の勉強が続かなかった原因は何ですか?
中国語の勉強が続かなかった原因は何ですか?

英語も現在様々な学習法が提案され、試しているビジネスパーソンも多いが、中国語に関してもいかに自分の生活スタイルに合った効果的な学習方法を継続するかが重要であるようだ。冒頭に紹介した「超速中国語」シリーズがそうであるように、語学学習の第一歩は「まず、赤ちゃんになってみる」、つまり子供が言葉を覚える要領で学習を始めてみるという意見も多い。難しいことを考えずに、まずは感覚で言葉を体験してみることが重要なのかもしれない。
【関連記事】
日本エンタープライズ、Android ウィジェットアプリ「指さし単語帳」提供開始
電子ブックストア「TSUTAYA GALAPAGOS」、NHK の語学テキストを販売
アルクの英語学習月刊誌、創刊40周年を記念し iPhone 版を発売
ハイブリッド Rosetta Stone 登場、iPhone アプリでモバイルにも対応
オンライン語学学習サービス、利用者数はまだまだ伸びず

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites