Marketing

マーケティング

美脚のために女性の70%が「レッグウェアを活用」−SSL ヘルスケアジャパン調べ

japan.internet.com 編集部
2011年5月16日 / 12:40
 
フットケアブランド「ドクター・ショール」などを展開しているエスエスエル ヘルスケア ジャパンは、全国の20歳〜59歳の女性400人を対象に、「美脚」に関する消費者調査を、2011年4月〜5月に実施し、結果を公開した。その結果、78.8%が「自分の生脚に自信がない」と答えた人が8割近くにのぼり、多くの女性が自分の脚について悩みをもっている一方で、20代から30代の女性の間では脚を露出するファッションへの関心が高いことがわかった。
自分の生脚に自信はありますか?
自分の生脚に自信はありますか?

オシャレに敏感な20〜30代の女性では、「今年の夏に流行しているショートパンツやミニスカートを取り入れたいか」という質問に、45.5%と約半数が「取り入れたい」と答えており、脚を露出するファッションへの高い関心が伺える。全体の78.8%と脚に悩みをもつ女性が多い中でこのようなファッションを楽しむ際の工夫として、ショートパンツやミニスカートを取り入れる際に、62.5%がレギンスやトレンカなどを着用しているという。
ミニスカートやショートパンツをはく際にレギンスやトレンカを着用していますか?
ミニスカートやショートパンツをはく際にレギンスやトレンカを着用していますか?

また、20代の女性では、美脚に見せるために、「むだ毛のケア(54%)」「高いヒールをはく(44%)」といった自分で簡単に美脚を実現する方法だけでなく、「脚のムクミを作らない(32%)」、「フットマッサージ(30%)」など日常的に美脚を意識した脚自体のケアに対する努力をしていることが伺える。また、「レギンスをはく(38%)」、「トレンカをはく(32%)」といった、レッグウェアで美脚に見せる努力を行っていることも分かった。

トレンカやレギンスなどのレッグウェアを用いていかに美脚に見せるかという工夫をする回答者が多い中、むくみや疲れを防止・改善する「着圧ソックス」を使用する回答者も目立つ。2008年以降、着圧ソックスの市場は年々拡大しており、その中でも同社が販売する日本初の着圧ソックスブランド「メディキュット」の伸長が、マーケット拡大を牽引しているという。
圧着ソックス市場の動向(SSLヘルスケアジャパン調べ)
圧着ソックス市場の動向(SSLヘルスケアジャパン調べ)

「メディキュット」はただ脚を圧迫するだけでなく、血液を足首から心臓の方向へ向けて上へ、上へと流し、疲れやむくみを解消する構造となっている。また、シーンに応じて最適な段階圧力値を採用し、着用時に快適に過ごせるように設計されており、多くの利用者に好評だという。
【関連記事】
カフェグローブ、働く女性の”知恵の共有”を目的としたコミュニティを開設
水がおいしいポット型浄水器1位の「クリンスイ」、ミネラルウォーターをも上回る−−トレンダーズ調べ
女性の“理想の脚”、男性の好みは「ストッキング派」が「生脚派」を上回る―アツギ調べ
味の素の人気冷凍食品、”美味しい順ランキング”はあの定番商品
春夏の女性を悩ませる「汗・ムレ」、その対策の実態は?−トリンプ調べ

関連キーワード:
SSL
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites