Marketing

マーケティング

“肌の乾き”と戦う女性たち、その実態は?――オルビス調べ

japan.internet.com 編集部
2011年4月4日 / 16:30
 
3月1日にスキンケアブランド「アクアフォースシリーズ」をリニューアルしたオルビスは、発売に伴い20〜39歳の女性500名に「肌の乾き」に関する調査を実施。調査結果から現代女性の「肌の乾き」に関する実態が明らかになった。

「アクアフォースシリーズ」は、発売以来2,100万個以上の販売実績を誇るオルビスの看板シリーズで、今度のリニューアルでは、肌の「貯水力」のバロメーターとして角層全体の「うるおいの密度(角層の単位体積当たりの水分量)」に注目。隣り合う角層細胞をシートのように密着させて水分の逃げ道をシャットアウトし、うるおいを貯めこむ保湿ケアを実現するという。

なお、4月30日まで抽選で3500名に「アクアフォースシリーズ」のミニセットがもらえる「うるおい体験モニター」を募集している。ミニセットの内容は、ウォッシュ、ローション、モイスチャー各製品約3週間分となっており、ポーチ付き。新製品の保湿ケア効果をじっくり体験できる内容となっている。

● 女性を悩ませる肌の乾燥―スキンケアの持続時間はわずか4時間

今回の調査では、「現在、自分の肌が『乾いている』と思いますか?」という質問に、84%の女性が「思う」と回答。空気の乾燥や紫外線などの外的な要因のほか、不規則な生活や食事も肌の保湿成分の生成力を弱める原因といわれている。
 
現在、自分の肌が乾いていると思いますか?
現在、自分の肌が乾いていると思いますか?

「肌の乾きを感じるとき」としては、「化粧水をつけてもかさつく。(35歳・秋田県)」、「メイクをすべてし終わった後に粉が吹く。(26歳・東京都)」などの声があがり、中には、「24時間いつでもどこでも。(36歳・東京都)」という人もいた。

そこで、肌の乾きを感じる女性たちに、「朝、スキンケアをしてからどれくらいで乾燥が気になりますか?」と聞いたところ、平均は「4時間」という結果に。朝8時にスキンケアをしても、12時には乾燥が気になってしまうということになる。女性たちの肌の「砂漠化」はとても深刻なようだ。

● "肌の乾き"への対策は"ココロの乾き"や"生活の乾き"も潤す?


ちなみに、肌以外の「乾き」についても調査をしてみたところ、「ココロが乾いている」と回答した人は59%、「生活が乾いている」と回答した人は57%という結果に。女性たちはさまざまな面で乾きを感じているようだが、「肌が乾いている」と回答した人84%には及ばなかった。それほどに、肌の「乾き」は女性たちにとって大きな問題であるといえそうだ。

また、「肌がうるおうことは、生活やココロにうるおいを与えると思いますか?」と聞いたところ、69%と約7割の女性が「思う」と回答。肌のうるおいは、女性たちの「砂漠化」をストップさせる重要なカギとなりそうである。

 
肌がうるおうことは、生活やココロにうるおいを与えると思いますか?
肌がうるおうことは、生活やココロにうるおいを与えると思いますか?
【関連記事】
「シェア No1」が効かない商品もある…ADK などがニューロマーケティング調査を実施
若年層ほど肌年齢への自信が低い「ねじれ現象」が判明−SK-IIがスキンケアに対する意識調査を公開
グリー、化粧品クチコミサイト「@cosme」運営のアイスタイルの株式取得
30〜40代の見た目年齢の鍵を握る「年齢ゾーン」とは?−花王がアンケート結果を公開
【ミミズクの目】鷹の爪団の吉田くんが二ベア花王の宣伝担当に就任

関連キーワード:
化粧水
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites