Marketing

マーケティング

ケイオプティコム、「びわ湖毎日マラソン」にて、Wi-Fi を活用したデジタルサイネージに、マラソン中継映像やTwitterからの応援ツイートを配信−−移動型サイネージ「サイネージマン」も登場

japan.internet.com 編集部
2011年2月15日 / 10:00
 
2011年3月6日(日)に開催される「第66回びわ湖毎日マラソン大会」(主催・日本陸上競技連盟ほか/共催・NHK)を特別協賛するケイ・オプティコムは、大会の盛り上げと成功、新たなデジタルサイネージの実証実験を目的として、NHK のマラソン中継や Twitter 上の大会応援ツイート、大会に関連したオリジナルコンテンツなどを組み合わせた映像を、皇子山陸上競技場周辺の大型サイネージをはじめ、マラソンコース沿道など計5箇所のデジタルサイネージに配信する。
皇子山陸上競技場周辺におけるイベント実施イメージ
皇子山陸上競技場周辺におけるイベント実施イメージ

また、コース沿道上に、公衆無線 LAN の特長を生かした移動型サイネージとして、正面に2画面、 背面に1画面の計3つのモニターを装着した「サイネージマン」が登場。大会開催中の11:00〜15:00までの間、大津 PARCO〜西武大津店付近や唐橋付近に登場し、沿道で応援する人たちにマラソン中継映像や、Twitter 上の大会応援ツイート、大会情報などを提供して盛り上げる予定だという。

沿道で大会を盛り上げる「サイネージマン」のイメージ

沿道で大会を盛り上げる「サイネージマン」のイメージ

そのほかに、皇子山陸上競技場周辺では、同社のサービスブランド名「eo」を冠したオリジナル「eoバーガー」や屋台村で利用できる割引クーポンを携帯電話に発券する小型クーポンサイネージの設置、「eoモバイル Wi-Fi スポット」を利用し、Twitter へ大会応援ツイートを投稿できる体験イベントの実施などで大会を盛り上げる予定だ。

なお、デジタルサイネージに配信するスペシャルコンテンツでは「びわ湖毎日マラソン応援事務局」が応援団長に起用した大津市の観光キャラクター「おおつ光ルくん」がコースや観光情報などを紹介。これらの映像は同事務局運営の「大会応援 Facebook ページ」上でも楽しめる。

同事務局はTwitter (@biwako_marathon)と Facebook アカウント大会応援 Facebook ページを開設し、大会への応援ツイートを募集する。大会開催中に Twitter のハッシュタグ(#biwako2011)をつけて投稿された応援ツイートはデジタルサイネージにて表示される。

 
大津市の観光キャラクター「おおつ光ルくん」
大津市の観光キャラクター「おおつ光ルくん」
【関連記事】
KCCS の閉域ネットワーク「Pilina WiMAX」が、「沖縄県民の健康づくり」に貢献
NEC、台湾のファーストフード店へデジタルサイネージの視認効果測定システムを納入
女性は休日も、「駅ナカ」広告を見る―「駅ナカ」デジタルサイネージ効果検証中間報告
NEC、米 Intel、Microsoft が次世代デジタルサイネージで協業
インテル、WiMAX 内蔵 PC 普及で大々的なキャンペーンを展開

関連キーワード:
Wi-Fi
 
Facebook
 
Twitter
 
クーポン
 
ツイート
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites