Marketing

マーケティング

「mixi Xmas 2010」の参加者が16日間で250万人を突破――10万人分のプレゼント追加を発表

japan.internet.com 編集部
2010年12月21日 / 10:00
 
ソーシャルネットワーキングサービス mixi が2010年12月1日から展開しているクリスマスイベント「mixi Xmas 2010」の参加ユーザーが12月16日に250万人を突破した。参加ユーザーは、現在もなお増え続けており、19日には260万人を超えたという。

mixiXmas2010 のトップページ
mixiXmas2010 のトップページ

「mixi Xmas 2010」は、ミクシィが企画制作した mixi アプリだ(コンテンツ共同制作:株式会社バスキュール)。自分のマイページにクリスマスにはおなじみの「くつ下」を飾り、参加しているマイミクとくつ下の「ベル」を鳴らしあうことでポイントがたまる。

マイページに飾った「くつ下」。ベルを鳴らすとポイントがたまる。
マイページに飾った「くつ下」。ベルを鳴らすとポイントがたまる。

たまったポイントに応じて「くつ下」の柄や飾りをカスタマイズできたり、ベルを鳴らすとランダムに開始される「ラッキーチャンス」では「くつ下」を飾るアイテムやコンビニエンスストア(セブンイレブン)で交換できるプレゼントがもらえたりする。また、たまったポイントに応じて3D対応薄型テレビや旅行券などが当たるクリスマスプレゼントにも応募できる。

なお、250万人を突破したことを記念して、12月20日より「ラッキーチャンス」で当たるプレゼントにセブンイレブンでお菓子と交換できるクーポンを10万人分追加するという。

12月1日に開始されたこのクリスマスイベントは、オープンから58時間で100万人を突破。同社によると「史上最速ペース」でアプリ参加者数が拡大し、1週間後の12月8日には200万人に達していた。
【関連記事】
アプリを起動せずにメモを確認できる―iPhone/iPad アプリ「BugMe! Lite - Ink Stickies & Alarms」
mixi チェックイン、mixi Touch に対応
ミクシィの携帯電話向けソーシャルアプリ開発仕様が OpenSocial の国際規格に採用へ
プレゼンでブラウザを多用するなら ユーザー切り替え可能なブラウザアプリ―iPad アプリ「Switch〜multi-user web browser」
mixi、他の Web サイトに置ける「イイネ!ボタン」を公開

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites