Marketing

マーケティング

女性の3人に1人が、「有名人のツイート」を読むために Twitter を利用――MMD 研究所が報告

japan.internet.com 編集部
2010年4月13日 / 15:50
 
アップデイト内に設置されている MMD 研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、「携帯端末からの Twitter 利用に関する意識調査」を実施、2010年4月13日、調査結果レポートを発表した。

調査対象は、20〜40代以上の携帯電話ユーザー2,056人。回答者の男女比は、男性:38.0%、女性:62.0%。年代は、10代以下:15.4%、20代:26.6%、30代:28.8%、40代:29.2%。調査期間は、2010年3月31日〜4月5日の6日間。

まず、携帯端末で Twitter を利用しているユーザーにどのクライアントを利用しているかを聞いたところ、全体では「TwitterMobile(Twitter 公式のモバイル版)」が30.9%と最も多く、次いで「携帯 Twitter」28.3%、「iTwitterMobile」13.8%、「モバツイ(movaTwitter)」12.7%という結果になった。

男女別に見てみると、男性では「TwitterMobile」36.7%、「携帯 Twitter」22.8%、「iTwitterMobile」17.5%、「モバツイ」8.8%の順であるのに対し、女性では「携帯 Twitter」29.7%、「TwitterMobile」29.5%、「モバツイ」13.7%、「iTwitterMobile」12.8%の順となっており、異なる結果となっている。

携帯端末で使っている Twitter クライアントは?
携帯端末で使っている Twitter クライアントは?
*クリックして拡大

次に、Twitter を利用する際に、携帯端末とパソコンのどちらを利用しているかを聞いたところ、「携帯電話のみ利用している」47.8%が最も多く、以下「パソコン、携帯電話両方から利用」37.3%、「パソコンから利用」14.9%となった。携帯端末からの Twitter 利用者は、パソコンを併用するユーザーを合わせると85.1%にも上っている。

また、利用者に Twitter に関する意見や感想を聞いたところ「デザインを豊富にしてほしい」「フォローしている人をカテゴリーで分けたりできたらいいと思う」「ヘルプなどが全部英語なので、一部しか読み取れない」「携帯でも、メアド変更をできるようにして欲しい」といった回答が得られた。

Twitter ユーザーに対し利用目的を聞いたところ、男性では「暇つぶし」63.0%が最も多く、「趣味の情報収集」46.6%、「友人、知人とのコミュニケーション」21.9%、「生活の為の情報収集」21.9%、「仕事の情報収集」21.9%の順となった。また、女性では「暇つぶし」62.9%、「趣味の情報収集」48.6%、「有名人、著名人のツイートを読むため」33.9%の順となっており、男女での利用目的に若干の差異が見られた。

Twitter の利用目的は?
Twitter の利用目的は?
*クリックして拡大
【関連記事】
スマートフォンを購入しない理由は?半数が「よく分からないから」――MMD 研究所調べ
携帯 SNS アプリ、利用者の8割が「毎日利用」――MMD 研究所が報告
SNS アプリ利用者の6割が、GREE からアプリが出たら「利用する」――MMD 研究所が報告
登録している携帯クーポンメール、8割が「マクドナルド」――MMD 研究所が報告
利用される携帯コンテンツはキャリアによって変化――MMD 研究所が報告

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites