シナジーマーケティング株式会社は、2009年9月30日、同社の ASP/SaaS 型の統合顧客管理システム「Synergy!(シナジー)」に、株式会社ペンシルと共同開発した「多機能フォームオプション」を搭載すると発表した。

「Synergy!」は、既存顧客のデータを統合管理し、その顧客情報を戦略的に活用するマーケティングシステム。簡単に設計できる顧客データベースをもとに、メール配信、Web アンケート、問い合わせ管理、携帯サイト作成の4つの機能を使って、状況や目的に応じた CRM 活動を行うことが可能。

今回「Synergy!」に搭載された「多機能フォームオプション」は、Web サイトやフォームのコンサルティングを手がけるペンシルが培った、フォームのコンバージョン(CV)率を向上させるためのノウハウを Synergy! のフォームに搭載したオプション機能。

ペンシルがこれまでの研究・開発で培った、CV 率向上のノウハウを盛り込んだフォームテンプレートを、クリック1つで通常のフォームに適用できる。このテンプレートは HTML エディタで自由に編集・加工が可能なため、企業オリジナルのテンプレートとしても使える。

また、CV 率を下げる要因のひとつである入力エラーを軽減すべく、入力支援機能を提供。具体的には「全角⇔半角」や「かな⇔カナ」の自動変換、西暦と和暦を併記したプルダウンでの選択が可能となり、入力エラーによる離脱を防ぐ。

フォームの導線をグラフィカルに表示し、CV に至るまでのボトルネックを一目で把握できる「導線解析マップ」や、エラー発生率の高い項目やその項目で発生したエラーの種類をリスト表示する「エラー解析」を参考に、CV に導くための導線や項目を自社で見直して改善できる。

また、フォームのアクセス元 URL を訪問者数の多い順に表示する「アクセス元解析」は、見直しが必要なアクセス元が特定できるため、サイトの見直しに有効。

フォームの AB テストにも対応。フォームの訪問者に対し、パターンの異なる2つのフォームをランダムに表示し、その結果を「アクセス解析」「導線解析マップ」「エラー解析」「アクセス元解析」などの項目で比較表示できる。この結果を元に、より多くのCV が得られるフォームを確立するための分析・改善が可能。