japan.internet.com
マーケティング2009年2月23日 13:20

携帯メルアドの変更連絡、4割が「今後連絡を取りたい人にだけ」――アイシェア調べ

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20090223/2.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
「携帯のメールアドレスを変更しました」というケータイメールを受け、登録内容を変更…そんな経験は携帯ユーザーなら時折あるはず。アイシェアは、携帯電話のメールアドレスに関する利用実態を調査、2009年2月23日、回答を集計した。

調査対象は、同社の提供する無料メール転送サービス CLUB BBQ の会員433名。男女比は、男性:50.6%、女性:49.4%。年代比は、20代:9.9%、30代:52.7%、40代:29.8%、その他:7.6%。調査期間は、2009年1月2日〜5日の4日間。

携帯キャリア変更時を含む携帯電話のメールアドレスの変更頻度を聞いたところ「メールアドレスを変えたことがない」が55.9%と過半数を占め、「2年以上変えない」も37.4%と、メールアドレスを頻繁に変えないという人が多数だった。

携帯のメールアドレスを変えたことがある人に、変更理由をすべて答えてもらうと、「迷惑メールが多いから」との回答が最も多く、53.4%。次いで「携帯のキャリアを変更したから」が33.0%、「使っているメールアドレスに飽きたから」が10.5%で続いた。

どのような理由でアドレスを変えましたか?
どのような理由でアドレスを変えましたか?

男女別に見ると「迷惑メールが多いから」で男性が57.6%で女性の48.9%を10ポイント近く上回ったが、「携帯のキャリアを変更したから」は女性が38.0%と男性の28.3%より多く、女性の方が積極的に携帯電話キャリアを変更していることがうかがえる結果に。

さらに、メールアドレスを変えたとき、どこまで連絡するかについても聞いてみると、「今後連絡を取りたい人だけを選んで連絡する」が42.9%でトップ、「よく連絡を取る人にだけ連絡をする」が35.6%で続いた。年代別では「今後連絡を取りたい人だけを選んで連絡する」が20代(54.5%)でトップ。30代では46.2%、40代では38.3%となっており、年代が若くなるにつれて高い割合を示した。

男女別に見ると、女性が「今後連絡を取りたい人だけを選んで連絡する(55.4 %)」が男性と20ポイント以上の差をつけて1位。それに対して男性の1位は「よく連絡を取る人にだけ連絡する(43.4%)」。こちらも女性と15ポイント以上離れている。先を見据えて繋がりを作っておきたい人を積極的に選ぶ女性、一方、現時点での繋がりを重視する男性と、男女での明確な違いが表れた。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.