Marketing

マーケティング

Napster 販促にデジタルサイネージ端末「nanica7」がタワーレコードに導入

japan.internet.com 編集部
2009年2月20日 / 14:00
 
株式会社ソフィアモバイルは、2009年2月20日、同社のデジタルサイネージ端末「nanica7」が、ナップスタージャパン株式会社の運営する音楽配信サービス「Napster」のモバイル会員獲得プロモーションに採用され、同日より期間限定でタワーレコード新宿店、渋谷店内に設置されることを明らかにした。

「nanica7」は、IC カードリーダーを内蔵した7インチ液晶画面のデジタルサイネージ端末。店舗に訪れた顧客が、端末の IC カードリーダー部分におサイフケータイ対応の携帯電話をかざすと、予め設定したモバイルサイトへ誘導できる。

今回、タワーレコード新宿店、渋谷店内の Napster ブースに、それぞれ「nanica7」を17台、13台の合計30台を実験的に約1か月間設置。nanica7 の動画と音楽を配信できるという機能を活用し、Napster の紹介動画や、新曲のプロモーションビデオを流す。

また、店舗を訪れた顧客が、紹介動画が流れる「nanica7」に、おサイフケータイ対応の携帯電話をかざすと、Napster のモバイルサイトへ誘導する設定になっている。顧客はそのモバイルサイトで会員登録を行い、Napster のコンテンツを利用できる。

Napster ではこれまでも、会員登録を促すために、ブース内のポスターや配布パンフレットなどに QR コードを記載し、携帯電話からモバイルサイトへの誘導を図っていた。

今回、nanica7 でも会員獲得を促すことにより、おサイフケータイにて簡単にサイトへアクセスすることが可能となる。また、新曲のプロモーションビデオを配信することで、Napster ブースの活性化も狙う。

今回の nanica7 導入では、ソフィアモバイルの提供するリアルアフィリエイトが採用されており、顧客が会員登録をするごとに、Napster からソフィアモバイルへ一定の収益が入る仕組みとなっている。

デジタルサイネージ業界で課題となっている導入効果の測定にも対応しており、店舗に設置されたどの端末から会員登録されたかの効果測定も可能。

ソフィアモバイルでは、今回の設置をテストとして約1か月間実施し、その効果により、端末の導入店舗を増やすことを検討する。

なお、この設置は、営業支援を行う株式会社 f-edit(フェディット)社のサポートを受けて実施される。
【関連記事】
ソフィアモバイル、おサイフケータイアプリ「ピットモット」対応のデジタルサイネージ端末を開発
北都システム、使用済み携帯電話の液晶を使った超小型 CPU ボード「DVIEW」の新バージョンを発売
イタリアコーヒーブランド「illy」で顔認証技術の実証実験、NEC
デジタルサイネージ、2015年には1兆円市場に成長する可能性も――シード・プランニング調べ
ネットカフェ「アプレシオ」、電子 POP を利用した動画広告配信サービスを開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites