Marketing

マーケティング

オプト、広告の効果測定システムとサイト内解析システムの管理画面を一元化

japan.internet.com 編集部
2009年2月6日 / 15:10
 
株式会社オプトは、2009年2月6日、「ADPLAN」シリーズの広告効果測定システム「ADPLAN AD」および「ADPLAN LS」とランディングページ最適化システム「ADPLAN SR」にサイト内解析データを反映させ、一元管理できるようにしたことを発表した。この強化はそれぞれのモバイル版にも適用される。

これまで、広告とランディングページの相性や広告が誘導した新規ユーザーの数などを分析するには、サイト内解析システム内で各広告ごとに紐付けを行うという作業が必要であった。今回、一管理画面上に集約することにより、その手間の軽減が可能となった。

今回の一元化により、広告効果測定・最適化システムの管理画面上に追加されたサイト内解析項目は、直帰率、平均閲覧ページ数、平均滞在時間、新規ユーザー率。

なお、この機能の利用には、サイト内解析システム「ADPLAN SP」の契約が必要。

管理画面
管理画面
*クリックして拡大
【関連記事】
凸版印刷、自動車ディーラーを対象にした DM サービス「パソメ」を開始
ロックオン、広告効果測定システム「アドエビス」でモバイル LPO を提供開始
ロックオン、広告効果測定システム「アドエビス」で大規模サイトへの対応を強化
メンバーズ、リスティング広告効果測定サービスとチケット制運用支援サービスを開始
効果測定

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites