Marketing

マーケティング

中国系の検索・動画共有サイト、2008年に入り利用者が増加――ネットレイティングスが報告

japan.internet.com 編集部
2008年3月26日 / 17:10
 
ネットレイティングス株式会社は2008年3月26日、ニールセンオンラインが提供するインターネット利用動向調査「NetView」の2008年2月データを発表した。

それによると、2008年1月に日本向けサービスを開始した中国系の検索サイト「百度(Baidu)」や、動画共有サイト「優酷網(Youku)」の利用者が日本でも徐々に増加していることがわかった。

百度全体の2月の利用者は71.3万人で、前月の96.1万人より少なくなっているが、1月は日本語版のスタートを報じたニュースによる訪問が一時的に増加したため、訪問回数の多い本来の検索ユーザーは増加しているという。

また、中国の動画共有サイト「優酷網(Youku)」も昨年末から急速に利用者を増やし、2月の利用者は65.3万人となった。伸び率の勢いは YouTube やニコニコ動画の知名度が上がり人気化したころの状況に似た傾向となっている。

「百度(Baidu)」「優酷網(Youku)」の月間利用者数推移
(家庭の PC によるアクセス)
【関連記事】
SEO ツール「DoctorSEO」、百度に対応
中国版 Baidu.com のリスティング広告など、日本国内向けに販売開始
【中国】百度、中国インスタントメッセンジャー市場へ進出
【中国】百度、知的財産権侵害で提訴される
Yahoo! JAPAN 利用動向、トピックス前月比260万人増

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites