Marketing

マーケティング

シニア層、定年後に働きたい理由は「生活のため」――an 調べ

japan.internet.com 編集部
2008年1月17日 / 16:00
 
株式会社インテリジェンスは、同社が運営するシゴト情報「an」において、「シニア世代 仕事選びの基準」に関する調査を実施、2008年1月17日、その結果を発表した。

調査対象は、首都圏在住の50歳〜69歳の男女約2,300名、調査期間は、2007年6月。

現在、正規雇用で就業中の男性に、定年後に非正規雇用で働きたい理由を聞いたところ、「生活費を補いたいから」という回答が67%と最も多く、次いで「健康に良いから」(58%)、「自由に使えるお金を増やしたい」(47%)と続いた。

また、現在、無職の人では「自由に使えるお金を増やしたい」という回答者が58%と最も多く、次いで「社会との接点を持ちたいから」(47%)、「健康に良いから」(46%)となった。「健康」や「社会との接点」など、シニア層ならではの意見も多く見られた一方、正規雇用で就業中の人ほど「生活のために働きたい」という傾向が強いことが分かった。

仕事を選ぶ際に重視する点について聞いたところ、正規雇用の人では「仕事内容との相性」という回答が59%と最も多く、次いで「勤務地」(58%)、「仕事内容への興味」(50%)。一方、無職の人では「勤務地」という回答が73%と最も多く、次いで「仕事内容との相性」(64%)、「自分でも出来そうな仕事」(56%)と続き、働く場所と仕事内容が重視されていることが分かる。

働く上での不安材料について聞いたところ、正規雇用の人では「体力面」という回答が39%と最も多く、次いで「能力面」(32%)、「特になし」(29%)となった。また、無職の人では「体力面」という回答が48%と最も多く、次いで「能力面」(39%)、「人間関係」(29%)となっており、体力面と能力面に不安を覚える人が多いことが明らかになった。


働きたい理由(複数回答)
*クリックして拡大
【関連記事】
成人式に「出席する」71%――GMO リサーチ調べ
モバイルリサーチに適した調査2
iPhone、日本発売なら「2万円台から4万円台」が妥当
口座所有者のうちネットバンキングを「知らない」のは約2.5%で、認知度は高い
携帯電話買い替えニーズ定期リサーチ(35):2008年1月11日――400万画素以上のカメラを望む声が1年半前の倍に

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites