japan.internet.com
マーケティング2007年11月26日 17:20

ニコ動、吉本興業の動画を配信する「よしよし動画」を展開、「ニコス」も開始

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20071126/6.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
ニワンゴは、2007年11月26日、同社が運営する「ニコニコ動画(RC2)」において、吉本興業が制作するお笑い番組「ヨシモト∞(無限大)」の動画コンテンツを、同社の協力のもと共同展開する「よしよし動画」コーナーで、同日より配信開始すると発表した。

また同日より、ニコニコ動画をインタラクティブに楽しむことができる「ニコスクリプト」のサービスも開始となる。

通常の動画で様々な機能を楽しむことができるのはもちろん、公式動画との連動コンテンツ第1弾として、「よしよし動画」にて配信される動画で楽しむことができる。

「よしよし動画」コーナーは、吉本興業がニコニコ動画に対し権利を許諾し提供する動画を配信するコーナー。ニコニコ動画のサイト内に専用の視聴ページとして「よしよし動画」コーナーを共同展開し、動画を配信する。

「よしよし動画」では、吉本興業の芸人が毎日5時間の生放送を繰り広げる“笑いのたまり場”「ヨシモト∞」から、人気の若手の登竜門的ライブイベント「AGE AGE LIVE」ほか、番組放送分のネタを毎日ピックアップして配信する。12月3日からは毎日更新となる予定。

今後は、ニコニコ動画専用の新企画も検討されており、またオーディション企画や動画創作企画などを通して新人発掘の場所として活用していくなど、動画視聴者が「見る」だけでなく、「参加する」ことを可能とする場へと発展していく予定。

「NICOScript」(ニコス)とは、ニワンゴが開発したニコニコ動画専用のスクリプトで、「動画を見る」「コメントをする」といった従来のニコニコ動画の楽しみ方からさらに踏み込んだ視聴インターフェイスを提供する。

投稿者は、ニコスの決められた特殊なコメントを入力することで、投稿者による「アンケートの集計」や「クイズ」の実施、動画上から他の動画にリンクして飛ばすことができる「動画ジャンプ」、動画の一部分だけを明るく表示させる「窓」といった機能を動画に付加できる。

提供開始となる「よしよし動画」内でも、ニコスを活用した動画を配信。コンテンツホルダーから提供される公式動画でニコスが楽しめるのは「よしよし動画」コーナーが初となる。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.