japan.internet.com
マーケティング2007年11月16日 15:20

【中国】9月の CtoC サイトアクセス、4月比57%増の19億3,000万回に

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20071116/26.html
著者:株式会社 日中経済通信
News CHINA 発の記事
iResearch (艾瑞市場諮訊)のインターネットユーザー行動研究システム「iUserTracker」の最新データによると、今年第2四半期および第3四半期に中国のインターネットユーザーが最もよく使用した電子商取引サービスは CtoC(個人間取引)であった。CtoC サイトへのアクセス回数は4月の12億4,000万回から9月には57%増の19億3,000万回に増加した。

また、BtoC(個人顧客向け取引)サイトおよび BtoB(企業間取引)サイトへのアクセス回数も8月に幾分減少したほかは安定的に増加した。8月には BtoC サイトへのアクセス回数が BtoB サイトを上回り、BtoC はインターネットユーザーの使用頻度が2番目に高い電子商取引サービスとなった。

チケットやホテルなどのオンライン予約サービスサイトへのアクセス回数は、旅行シーズンであるかないかの影響を大きく受け、一定の範囲内で上下した。また、オンラインバーター取引サービスサイトおよびオンライン写真プリントサービスサイトへのアクセス回数は減少傾向にあることが分かった。

iResearch によると、これら2つのサービスはインターネットユーザーにまだ浸透しておらず、短期間内での大幅な増加は難しいという。


記事提供:日中経済通信
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.