Marketing

マーケティング

【中国】9月の CtoC サイトアクセス、4月比57%増の19億3,000万回に

株式会社 日中経済通信
2007年11月16日 / 15:20
 
 
iResearch (艾瑞市場諮訊)のインターネットユーザー行動研究システム「iUserTracker」の最新データによると、今年第2四半期および第3四半期に中国のインターネットユーザーが最もよく使用した電子商取引サービスは CtoC(個人間取引)であった。CtoC サイトへのアクセス回数は4月の12億4,000万回から9月には57%増の19億3,000万回に増加した。

また、BtoC(個人顧客向け取引)サイトおよび BtoB(企業間取引)サイトへのアクセス回数も8月に幾分減少したほかは安定的に増加した。8月には BtoC サイトへのアクセス回数が BtoB サイトを上回り、BtoC はインターネットユーザーの使用頻度が2番目に高い電子商取引サービスとなった。

チケットやホテルなどのオンライン予約サービスサイトへのアクセス回数は、旅行シーズンであるかないかの影響を大きく受け、一定の範囲内で上下した。また、オンラインバーター取引サービスサイトおよびオンライン写真プリントサービスサイトへのアクセス回数は減少傾向にあることが分かった。

iResearch によると、これら2つのサービスはインターネットユーザーにまだ浸透しておらず、短期間内での大幅な増加は難しいという。


記事提供:日中経済通信
【関連記事】
【中国】Dell、第10世代サーバーを発表〜引き続きトップサプライヤに
【中国】ウィルコム、網通と全面協力〜PHS ネットデータ通信業務で
【中国】チャイナモバイル、爆発的人気の Apple「iPhone」導入に向け協議
【中国】07年のQ版ネットゲーム市場、話題作相次ぎ大荒れに
【中国】電子製品のサンプリング検査、三洋とノアの製品が不合格

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites