Marketing

マーケティング

NHK の選挙開票速報、ネットでも強い――ネットレイティングス調査

japan.internet.com 編集部
2007年5月30日 / 09:00
 
投票者を選ぶ際に参考にしたメディアのトップは「新聞」、 という調査結果もあるが、 開票速報では、NHK が圧倒的に強いようだ。

インターネット利用動向調査会社のネットレイティングスは2007年5月28日、 2007年4月度のインターネット利用動向に関する結果をまとめ、 発表した。

それによると、 4月の統一地方選挙報道を自局サイトでも積極的に展開した NHK の Web サイトが、 利用者数で10%増の681万人、 PV では39%増の1億7,758万と利用を伸ばしたことがわかった。

一方、 各民放キー局の Web サイトは、 春の改編による番組関連コンテンツの変更で、 前月から、利用者数、PV ともに大きく変動している。

特に TBS は、 前期のキラーコンテンツ「花より男子2」放送終了で、 利用者数、PV ともに大幅減、 テレビ朝日は人気番組「時効警察」「仮面ライダー電王」関連コンテンツのアクセス増で、 利用者と PV を伸ばした。 テレビ東京も「ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール」などアニメコンテンツを中心に、 利用者、PV を伸ばした。

統一地方選挙関連コンテンツの利用状況では、 「Yahoo!みんなの政治」と「市民メディアインターネット新聞 JANJAN」が大きく利用を伸ばした。

それに対して主要新聞系サイトは、 対前月と比較してほぼ横ばいの利用状況。 また、2大政党の自由民主党、 民主党の Web サイトはどちらもランク外だった。

同社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、 以下のようにコメントしている。

「NHK サイトの利用者数、PV 増加は主に開票速報へのアクセスによるもので、 ネットでも選挙報道における NHK の強さを示す形となった。 一方、Yahoo!みんなの政治や JANJAN が100万人を大きく越える訪問者を集めたことから、 政策・政治家データベースや選挙コンテンツへのニーズが高いことがわかる。 いずれも国政選挙となる夏の参議院選挙時には4月を上回るアクセスが見込まれる」
【関連記事】
中学生以下と50歳以上で、ネットユーザーはまだ伸びる
ヤフーの総利用時間が2000年からの6年間で25倍に――ネットレイティングス調べ
2006年第4四半期のバナー広告費は634億円、ネットレイティングス調べ
Q&A サイトが急成長、「Yahoo! 知恵袋」の利用者は1年で3倍に――ネットレイティングス調べ
ネット利用者の購買行動プロセス、企業サイトが大きく影響――ネットレイティングス調べ

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites