Marketing

マーケティング

ネットショッピング経験者、メルマガよりも RSS を好む傾向――Eストアー調べ

japan.internet.com 編集部
2006年11月1日 / 17:00
 
 
株式会社Eストアーは1日、2006年10月20日に行った、ネットショッピング経験者の RSS 利用に関する調査結果を発表した。調査対象は1か月以内にネットショッピングを経験したことのある全国20歳以上の412名。

調査によると、RSS について「どのような機能か知っている」と回答したのは22.8%。「名前を知っている」(37.4%)を含めて合計60.2%(248人)が RSS を認知していることがわかった。

RSS を知っている248人に対し利用状況を聞いたところ、20.2%(50人)が「現在利用している」、18.5%が「過去に利用したことがある」と回答した。全体における現在利用者の割合は12.1%にとどまり、一般的なインターネットユーザーを対象とした調査結果と比べても、ネットショッピング経験者の RSS 利用率が特に高いわけではない。

RSS を知っている248人に
「RSS を実際に利用していますか?」
株式会社Eストアー調べ

また、「利用経験は無いが今後利用したい」という意見は41.9%だった。これに RSS の利用経験者を加えた200人に利用意向の理由を聞くと、「最新情報を常にチェックできる」が最も多く73.5%。「お得な情報を逃さない」(29.0%)、「メールマガジンよりも簡潔で読みやすい」(23.5%)、「登録の際、個人情報の入力が不要」(20.0%)などが挙げられた。

RSS 利用意向のある248人に
「RSS を利用することで、メールマガジンの受信をやめようと思いますか?」
株式会社Eストアー調べ

RSS を利用することでメールマガジンの受信をやめようと思うか尋ねたところ、「受信はやめないが読む機会が減った/もしくは減ると思う」(31.5%)と「メールマガジンの受信をやめた/やめたい」(9.5%)の合計が、「以前と変わらずメールマガジンを読み続ける」(35.0%)を上回る結果となった。

ネットショッピングにおいては、「セール情報」(79.1%)、「新商品の入荷情報」(63.6%)などの情報を RSS で取得したいという声が多かった。
【関連記事】
連載コンテンツの RSS 配信ポータルサイト「feed magazine」
RSS 更新情報を Skype で通知
「エキサイト シーズンカレンダー」サービス開始
写真共有サイト「Zorg」、一般公開に伴い新機能を追加
バリューコマース、音声・動画に対応した「RSS バナー2.0」を提供

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites