株式会社プラメドは2005年8月1日、医師向けコミュニティサービス「PLAMED.com」のテストサービスを8月4日より開始する、と発表した。

同サービスは医師を対象とし、登録会員に「安全な情報交換の場」を提供する。ベースとなるシステムには株式会社オレガディールの「Alternax」を採用、通信経路上だけでなくデータベース内の個々のデータも暗号化するセキュリティ技術を用いている。

PLAMED.comでは、「コミュニティ機能」を使用することにより、医師が互いに交流できる「場」を提供していく。また、全てのやり取りがセキュリティの高い環境で行え、ファイルなどもコミュニティ内で共有することができる。

正式なサービスは10月開始予定。テストサービス期間のデータはそのまま正式サービスに移行する。

なお、プラメドはオレガディール、京都大学医学部附属病院の医師メンバー、株式会社インテージによって4月に設立された。