japan.internet.com
マーケティング2004年6月10日 00:00

備忘録として Blog を作成――66.2%【第3回:Blog に関する調査】

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20040610/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
アンカーリサーチ with goo (14)

この「アンカーリサーチ with goo」では、goo リサーチjapan.internet.com が共同で、注目されているテーマについて定期的にアンケートを行い、その結果を毎週木曜日に発表していく。今回は「Blog に関する調査」の結果をレポートする。ちなみに、この調査結果は4月より定期的にレポートしており、今回はその第3回目にあたる。

調査対象は、全国の10代から50代以上のインターネットユーザー1,035人。男女比率は、男性:43.1%、女性:56.9%。年齢層分布は、10代:2.4%、20代:22.1%、30代:44.0%、40代:22.9%、50代:8.6%。

Blog 徐々に認知度がアップ
過去1か月以内に他人が作成した Blog を見た人は前回の調査より6.2ポイント増えて37.7%。一方、見たことがない人は31.4%(前回:32.0%)、Blog についてよくわからないと回答した人が30.9%(前回:36.5%)。この結果から、少しづつではあるものの、Blog の認知度が高まっている様子が見受けられる。

よく見る Blog のカテゴリは「生活一般」が42.1%
Blog を見たことがある人(390人)に、よく見る Blog のカテゴリについて聞いたところ(複数選択可)、トップは「生活一般」で42.1%(164人)で、前回より2.4ポイント増加。次いで「ニュース」30.5%(119人)、「映画/音楽」25.6%(100人)。さらに性別で見てみると、男性のトップは「ニュース」32.4%、「生活一般」29.4%、「コンピュータ/インターネット」27.7%。一方女性は「生活一般」が51.8%とだんとつのトップ。次いで「映画/音楽」31.8%、「ニュース」29.1%。男女ともに、上位3位以内に「生活一般」と「ニュース」が入っている一方で、男性はさらに「コンピュータ/インターネット」が、女性は「映画/音楽」が入っており、男女の趣味や興味の違いが現れているようだ。Blog から役立つ情報が「得られる」と回答した人は、前回より4.1ポイント増えて66.2%だった。過去1か月以内に他人の Blog にコメントを送ったことが「ある」16.7%(前回:14.4%)、「ない」83.3%(前回:85.6%)と、未だ約8割の人がコメントを送らず、Blog を見ている傾向が強いようだ。過去1か月以内に訪れた Blog サイトで利用していた Blog サービスサイトは、「はてなダイアリー」が最多で35.6%。次いで「goo ブログ」28.0%、「エキサイトブログ」18.0%の順だった。

Blog をいつか作成したいが前回より4.5ポイント増
全員の人に、Blog の作成経験を尋ねたところ、「作成したことがある」が6.3%、「ないが、いつか作ってみたい」29.4%、「ない。今後も作らない」34.8%。「作成したことがある」が前回より0.7ポイント、「ないが作ってみたい」は4.5ポイントと、ともに増加していた。ちなみにこの質問で「Blog について分からない」と回答した人が29.6%いた。年代別に見てみると、Blog を作成したことがある人が最も多かったのは、30代で27人、次いで20代、40代の順。現在 Blog を作成している人(65人)が利用している、Blog サービスは(複数選択可)「ココログ」が16.9%(11人)でトップ。次いで「マイプロフィール」9.2%(6人)、「エキサイトブログ」7.7%(5人)。また、男女別で見てみると、男女ともにトップが「ココログ」。男性の2位が「はてなダイアリー」である一方で、女性の2位は「マイプロフィール」だった。保有している Blog サービスのID数は「1つ」が最も多く80.0%。Blog は複数同時に運営するのではなく、1つの Blog にじっくり取り組もうとする傾向が強いようだ。(詳しいデータはこちら

自分の備忘録として Blog を作成―66.2%
Blog の更新頻度は「ほぼ毎日」が最も多く23.1%。次いで「週に2〜3回」と「週に1回」が同率で18.5%で、週に1回以上更新している人が前回より3.2ポイント減少したが、作成している人の60.1%を占めている。現在作成している Blog のカテゴリは(複数選択可)、「生活一般」が最多で41.5%(27人)、次いで「特に決めていない」が21.5%(14人)、「映画/音楽」が16.9%(11人)だった。Blog の1日あたりの訪問者数を聞いたところ、平均37.0人という結果となった。Blog を作成する理由(複数選択可)のトップは「自分の備忘録として」で前回より1.2ポイント増えて66.2%。以下、「自分の得た情報を他人と共有したい」(32.3%、21人)、「自分の意見を他の人に理解してほしい」(20.0%、13人)と続いた。

トラックバックを付けたことがあるのは21.5%
自分の Blog でトラックバックを「受付けている」人は53.9%(前回:55.0%)、その一方で、他人の Blog にトラックバックを付けた経験が「ある」人は21.5%(前回:26.7%)。トラックバックは受付けているが、付けた経験がない人が依然として多いことが分かった。さらに、画像の容量を増やすなどの Blog のオプションサービスについて質問したところ、「無料で利用したい」64.6%、「機能・容量が良ければ有料(200〜300円)でも利用したい」18.5%という結果だった。無料で利用を希望する人が圧倒的だが、機能・容量次第で有料でも良いと回答した人は、前回よりも10.2ポイント増えた。なお、有料オプションを「すでに利用している」人は1.5%いた。

Blog サービスの重視点は「作成の容易さ」がトップ
Blog の作成経験の質問で、作成したことがあると回答した人と、作成したことはないがいつかは作りたいと回答した人(計:369人)に、Blog 作成に利用するサービスで重視する点を聞いたところ(3つまで選択可)、「簡単に作れる」がトップで76.2%(281人)、その他「操作方法がわかりやすい」52.3%(193人)、「レイアウトが自由にできる」47.2%(174人)と続いた。今後作成したいと思う Blog のカテゴリ(複数選択可)は、「生活一般」46.3%(171人)、「映画/音楽」23.0%(85人)、「旅行」20.9%(77人)の順だった。(詳しいデータはこちら

第1回から第3回までを振り返ると
いままでのデータを振り返ると、Blog の認知度が調査回数を追うごとに高まっていることが分かる。過去1か月以内に他人が作成した Blog を見たことについて、「見た」と回答した人の割合が、第1回:26.6%、第2回:31.5%、第3回:37.7%と増加している。同じ質問で「Blog についてよく分からない」と回答した人も、第1回で40.8%だったのが第3回では30.9%と約10ポイント減少した。よく見る Blog のカテゴリは、順位の変動があるものの、「生活一般」、「ニュース」、「映画/音楽」が必ず上位3位以内に入っている。また、Blog の作成経験や作成意向について、「作成したことがある」と回答した人が第1回:5.4%、第2回:5.6%、第3回:6.3%と、Blog の認知度と比例するかたちで増加している。この質問で「作成したことはないが、いつか作ってみたい」と作成意思がある人も増加している。その一方で、Blog サイトにコメントを送ったり、トラックバックを付けるなど、他の Blog サイトに自分から何かアクションを起こすことに対して、まだ積極的ではない様子がうかがえる。過去1か月以内に他人の Blog にコメントを送ったことが「ある」人は、第1回:13.3%、第2回:14.4%、第3回:16.7%。増加しているが、Blog を見たことがある人の約2割程度。自分の Blog でトラックバックを「受付けている」人が、Blog 作成者全体の約5割程度いることが今までの調査で分かっているが、他人の Blog にトラックバックをつけたことが「ある」人は、第1回:16.1%、第2回:26.7%、第3回:21.5%で、こちらも増加しているが Blog 作成者全体の約2〜3割に留まっている。今後この状況がどのように変化していくのだろうか。また、Blog 作成するにあたり、ユーザーが重視する点は、「簡単に作れる」「操作方法がわかりやすい」「レイアウト編集が自由にできる」の3つが不動のものとなり、簡単で明確な操作性だけでなく、自分好みのレイアウトにできるかといった、ビジュアル面もユーザーは重視していることが分かる。

次回は、地上デジタルテレビ放送に関する調査の結果をレポートする。原データのご購入を希望される方は、anchor@internetcom.co.jp までメールにてお問い合わせ下さい。(調査協力:goo リサーチ
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.